シノファーム社製Covid-19ワクチン、3歳以上の子供への注射を検討中とタイFDAが発表

ナショナル

本日9月8日、米国食品医薬品局(FDA)は、タイのメーカーであるシノファーム社の代表者が、3歳以上の子供にワクチンを配布する許可を提案していると発表しました。

FDAの副事務局長であるPaisarn Dunkum博士は、タイにおけるシノファームの正規販売代理店であるBiogenie Tech Co.Ltd.が、シノファームの合法的な使用対象年齢を当初の18歳以上から3歳以上に延長する許可を申請したことを明らかにしました。

副事務総長によると、FDAの委員会は現在、ワクチンの安全性と有効性を検討しており、30日以内にできるだけ早く検討結果を発表するとのことです。

パタヤニュース/TPNメディアによると、現在、タイで12歳以上の人に許可されているワクチンは、ファイザーとモデナの2種類です。シノファームは、3歳以上の子供への注射が提案された最初のブランドです。

これが承認されれば、タイの子どもたちが安全に学校に戻れるようになると期待されています。

一方、チュラブーン王立アカデミーは、本日2021年9月8日、教育機関が生徒のためにシノファームのCovid-19ワクチンを無償で依頼するための申請を開始し、合計5万人の生徒が利用できます。

このキャンペーンは、新学期が始まる前に生徒たちの免疫力を高めることを目的としています。登録校での注射のスケジュールは、9月20日以降に発表されます。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)