病院のデータベースから機密情報を盗んだとされるハッカーに対し、タイの公衆衛生大臣が法的措置をとることを決定

PHOTONong Po SammのFacebookページ

ナショナル

タイの公衆衛生大臣Anutin Charnvirakul氏は、本日9月7日、同氏が監督するPhetchabun病院の同省のデータベースがハッキングされたことを認めました。

同氏の発言を受けて、昨日、あるソーシャルメディアのページがメッセージを投稿しました。それによると、患者の住所、身分証明書番号、電話番号、生年月日、病院名、医師の情報など、盗まれた個人データがRaidforums.comで販売されていたとのことです。ハッカーは何百万人もの患者のデータを持っていると主張していましたが、公衆衛生担当の副常任事務官であるThongchai Keeratihattayakorn博士は、盗まれたのは10,095人の患者のデータだけであると述べています。

Thongchai博士は、以前の記者会見でもセキュリティ侵害を軽視していたようで、奪われたデータはハッカーが主張したほど個人情報ではなかったと述べています。しかし、今回の事件については謝罪し、患者の症状に関する一部の情報が盗まれたことを認めました。

アヌティンは、最初の報告を受け、関係者に調査を命じたという。その結果、ハッキングはペッチャブーン県で行われたことが判明しました。また、関係者がこの事件を調査している間、市民には落ち着いて行動するよう求めた。

一方、このような機密情報を公開することは、コンピュータ犯罪法および国民健康保険法第7条に違反するため、当局はハッカーに対しても法的措置を取る予定です。

また、「このような犯罪は、省庁や患者の評判を著しく低下させ、損害を与えているため、犯人は逮捕され、法に定められた最大限の罰則を受けて法的手続きに付されることになるでしょう」と付け加えました。

公衆衛生省の情報技術部長であるアナント・カノクシルプ博士は、今回の攻撃は国際的なランサムウェア攻撃ではなく、国内で行われたものと考えられると述べています。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)