元パタヤ在住の27歳女性の不審死で容疑者を逮捕、検死の結果、窒息死と判明

サムットプラカーン、タイ

  サムットプラカーンのアパートで全裸でベッドに横たわったまま死亡しているのが発見され、サムットプラカーン警察が捜査していた元パタヤ在住の27歳の女性の事件に進展がありました。

その結果、ジラポーンさんという被害者がコヴィド-19の陽性反応を示したことなどが判明しました。しかし、サムットプラカーン県警察本部長のPiyawut Kaewmanee大佐によれば、それは彼女の死因ではないという。しかし、サムットプラカーン県警察本部長のPiyawut Kaewmanee大佐によれば、それは彼女の死因ではないという。本日9月5日午後に明らかになった検死結果によると、彼女の死因は窒息死であり、警察の疑惑を裏付けるものであった。

この件に関する当社の過去の報道をご覧いただけます。 オリジナルストーリーはこちら 或いは Covid-19に関する最新情報はこちら.

CCTVの映像によると、事件は2021年9月1日の早朝に発生しており、午前1時頃にバンムアンサブ地区のシーナカリン通りにあるアパートのJirapornさんの部屋に行き、約1時間半後に出て行く男の姿がカメラに映っています。容疑者は、被害者の新品のiPhoneも奪ったとされています。

ジラポーンさんの遺体は、数日後に彼女の友人が様子を見に行った際に発見されました。Piyawut大佐によると、現場にあった使用済みのコンドームから容疑者のDNAが検出され、さらにCCTVの映像からもDNAが検出されたという。また、検死の結果、被害者の死因は窒息死であることが判明したという。サムットプラカーン警察によると、彼女は口や鼻の周り、枕に乾燥した血液が付着しており、首には打撲傷のようなものがあったという。

PHOTOプラカン・ニュース・ポスト

ピヤウット大佐によると、警察は今日の午後早く、過去に犯罪歴のあるEkkapoj Khrongyuth(33)の逮捕状を発行した。

容疑者は午後3時30分頃、パトムタニ県クロンルアン地区のレンタルルームで逮捕されました。彼は、被害者の写真を数枚と、被害者が持っていた金のネックレスを持っていたとのことです。

サムットプラカーン県のウィチット・ブーンチンウーシクル大佐がEkkapoj氏の取り調べを行い、Ekkapoj氏が犯行を認めたと報告を受けたと述べた。

サムットプラカーン警察の供述によると、Ekkapojは故人と1ヶ月間交際しており、事件は彼の薬物使用と、被害者との関係をめぐる口論が原因で起こったと主張している。また、Ekkapoj氏によると、被害者が彼の性的パフォーマンスを侮辱したため、彼は激怒して被害者の首を絞めたとのことです。

エカポイがサムットプラカーン警察に提出した供述によると、彼はその後、彼女の貴重品数点を持って被害者の部屋を出て行った。

ウィチット大佐は、今回の証言はあくまでも初期のものであり、9月5日(火)に第1州警察の司令官であるアンフォル・ブアラブフォン中将が記者会見を行い、より詳細な情報を明らかにする予定であると注意を促した。報道された時点では、エカポイはまだ拘束されている。

この事件は、被害者のJirapornがパタヤやバンコクの社交界で有名で、若くて魅力的だったことから、タイのソーシャルメディアの注目を集めました。また、彼女はソーシャルメディア上で活発に活動しており、スキンケア製品をオンラインで販売し、多くのファンを獲得していました。TPNメディアは、法執行機関からの発表があり次第、最新情報をお伝えします。

写真提供 Prakan News-Post, associated Thai press

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)