プーケットでは、タイのパラリンピックの英雄たちが戻ってきました。

プーケット

プーケット当局は、本日2021年9月6日、日本の東京から戻ってきたタイのパラリンピックの英雄たちを温かく迎え入れました。車椅子レースで3つの金メダルを獲得したポンサコン・ペーヨ選手は、タイの関連メディアに対し、「タイの人々に贈り物を届けることができてとても誇りに思う」と語りました。

Khemmapol Auitayakul観光・スポーツ大臣秘書とNarong Woonsiwプーケット知事が率いるタイとプーケット当局のチームは、東京パラリンピックゲーム2020から帰国した68名の選手を温かく迎え入れました。

まずは、事前の記事でイベントのハイライトをご紹介。

8月29日に開催された東京パラリンピックの車いすレース男子400mT53で、タイの車いすレーサー、ポンサコン・"コーン"・ペーヨ選手が優勝し、金メダルを獲得しました。

東京パラリンピックの車いすレースでポンサコン・ペーヨ選手がタイ初の金メダルを獲得(日曜日

9月2日に開催された東京パラリンピックの車いすレース男子800mT53で、タイの車いすレーサー、ポンサコーン・ペーヨ選手が3つ目の金メダルを獲得しました。

昨日行われた東京パラリンピックT53車いすレースで、ポンサコン・ペーヨ選手が3つ目の金メダルを獲得しました。

パタヤの元学生、Putharet Khongrakさん(27歳)は、東京2020パラリンピックで2つの銅メダルを獲得し、日本で祝福を受けています。

東京2020パラリンピックで2つの銅メダルを獲得したパタヤの元学生が日本で祝賀会を開催

一行は、プーケットサンドボックスプロジェクトの一環として、厳しい検疫を行う必要がないようにプーケット国際空港に到着しました。彼らはCovid -19テストを受けて合格し、フォーポインツ・バイ・ザ・シェラトン・プーケット・パトン・ビーチ・リゾートに向かいました。

ポンサコン氏は報道陣に対し、"金メダルをタイの人々にプレゼントし、タイにこのような良い評価を与えられたことをとても誇りに思います "と語った。

日本での数週間の滞在を終えてタイに到着したポンサコーンに、記者が「最初に食べたいものは何ですか」と尋ねると、「疲れているのでまだ考えていません。でも、プーケットの皆さんが温かく迎えてくれたことには感謝しています。正直なところ、まず最初に考えているのは、少しでも休んでリラックスすることです。"

歓迎式典の後、ポンサコンたちは自由行動を許され、ポンサコンは自室に戻って十分な睡眠と休息をとったと思われる。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。 または、以下にメールを入力してください。

ニュースレター

2021年のパタヤニュースをサポートしてください

 

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)