タイの1週間を振り返る。ロックダウン措置の緩和、プーケットはサンドボックス以外の観光客には閉鎖されたまま、タイ首相は不信任投票を乗り切った、などなど。

ここでは、トップを見てみましょう。 ナショナル 先週、8月30日から9月5日までの間に、パタヤニュース/TPNナショナルチームが選んだ記事を、いくつかの解説とともにご紹介します。重要度は特にありませんが、公開日順に掲載しています。

1.9月の営業再開に必要な予防接種とCovid-19陰性検査の実施は当面見送り、当局が確認

9月に入ってから、「ユニバーサル・プリベンション」プログラムのもと、ダークレッドゾーンの州では、ビジネスの再開やその他の制限の緩和がすでに始まっています。また、公共の場に行く際には、ワクチンの記録やCovid-19の陰性結果の提出が求められていますが、人々は常に用心深く、自己防衛に努めることが求められています。CCSAは、実施14日目に命令の見直しを行います。しかし、公衆衛生省は、10月に施行される "ハイリスク "な事業者向けのワクチンパスポートの提案については、まだ検討中であると述べています。

9月の営業再開に向けて、予防接種やCovid-19の陰性化は当面必要ないと当局が確認

2.プーケットでは、9月中旬まではサンドボックス以外の観光客は基本的に入れませんが、9月8日からは制限付きで国内の観光客を受け入れます。

プーケット当局は、1日の感染者数が依然として平均200人に達していることから、サンドボックス以外の観光客の島の閉鎖を9月14日まで延長しました。しかし、国内のビジネスと経済を維持するために、島は9月8日以降、いくつかの条件の下でタイ人観光客の旅行を受け入れています。また、サンドボックス・ツーリストは、サンドボックス・プログラムを通じて他の島への旅行を承認された後、島への再入国が許可されます。条件の詳細については、記事全文をご覧ください。

プーケットでは、9月中旬まではサンドボックス以外の観光客は基本的に入れませんが、9月8日からは制限付きで国内観光客を受け入れます。

3.昨日の東京パラリンピックT53車いすレースでポンサコン・ペーヨ選手が3つ目の金メダルを獲得

パラリンピックでは、タイが金メダル4個、銀メダル4個、銅メダル7個の計15個のメダルを獲得し、好調に推移しています。そのうち3つの金メダルを獲得したのは、記録保持者である車いすレーサーのポンサコーン・ペーヨ選手で、男子100m、400m、800mのT53クラスで獲得しました。同選手をはじめとする68名の選手とコーチは、本日、検疫のためにプーケットに無事到着し、プーケット・サンドボックス・プロジェクトに参加しました。

昨日行われた東京パラリンピックT53車いすレースで、ポンサコン・ペーヨ選手が3つ目の金メダルを獲得しました。

4.タイ首相、不信任決議案を可決、他の閣僚も可決

多くの反政府活動家が予想していたとおり、プラユット・チャンオチャ首相は、3回目の問責決議案の審議を、賛成264票、反対208票、棄権3票で乗り切りました。野党議員の中には、この結果を連立政権の内部対立や首相への疑念の表れと見る者もいる。しかし、この結果を受けて、首相の退陣を求める民主派の抗議活動がさらに活発化することが予想されます。

タイ首相の不信任決議案が可決され、他の閣僚も可決される

と、今週はここまでです。いつもながらパタヤニュース/TPNニュースを読んでいただきありがとうございます

Psst.... もっと見たいですか? TikTokはこちらからご覧いただけます。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)