プレスリリースセントラル・リテールは厳格な対策を進め、初日に大量の顧客を獲得した

以下はプレスリリースです。彼らの発言や意見はすべて彼ら自身のものです。

バンコク、202年9月2日1 – セントラル・リテール・コーポレーション・パブリック・カンパニー・リミテッド最高経営責任者ヨル・フォカスブ氏。 と述べています。 当社は、「COVID-19」の安全性に対する信頼性を高め、拡散を抑制するための公衆衛生上の措置を遵守し、セントラル・リテール・グループの9つの事業グループすべてにおいて、店舗の再開に向けて準備を進めています。1日停留所 オープン初日の2021年9月、ショッピングセンターの雰囲気は活気に満ちており、多くのお客様が、普通のライフスタイルや、十分な情報を提供してくれるスタッフのいる質の高い会場でのショッピングに憧れを抱き、社会活動や消費活動を再開できるようになったと、お客様から大きな評価をいただいていることがわかりました。

当グループでは、以下の点を重視しています。 厳格な公衆衛生対策を実施し、COVID-19事態管理センター(CCSA)の方針を厳守する。 を導入することで、従業員やお客様に衛生面や安全面で安心していただけるようになりました。同時に、この開店により味方のビジネスが復活し、そのようなビジネスの販売量が通常に戻ることで、タイの小売業が前進し、ビジネスシステム全体の雇用率が維持されることになります。2021年の最後の4ヶ月間、タイの状況は継続的に改善される傾向にあり、第4四半期の小売ビジネスの数字は、昨年の数字よりも5%程度上昇するだろうと予想されています。

セントラル・リテールの店舗の公衆衛生対策を強化します。 ユニバーサル・プリベンション は以下の通りです。

- 公衆衛生省伝染病対策局の「D-M-H-T-T」対策を厳守するため。

- お客さま、従業員、訪問者の全員が常にマスクを着用し、デパートやショップに入る前に体温チェックを行うこと。

- 百貨店のあらゆるスポットにアルコールジェルを用意するために、1時間ごとにチェックして、切れないようにしてきました。

- ATK社の検査技術を用いたCOVID-19スクリーニング検査を、エリア内での作業を許可する前に従業員に実施し、毎週ランダムに検査を実施すること。

- 閉店後の売り場やエスカレーターの手すりを、毎日定期的に消毒液とUVC装置で清掃・燻蒸・殺菌し、お客様が直接手に触れた商品を使用後にオゾンで殺菌する。

- すべての出入り口とサービスエリアに距離を置くスポットを設置し、訪問者の数を5平方メートルあたり1人以下に制限し、厳密なカウントシステムを使用する。

- 触れる機会を減らすために、現金の場合はすべての紙幣をオゾンとUVCで殺菌し、お釣りとしてお客様にお渡しするお金も殺菌する必要があります。

- 空気の入れ替えが10回以上になるように空気循環システムを制御し、オゾンやUVCによる殺菌を空調システムで常時行う。

                "COVID-19 "とは今後も長い期間付き合っていかなければならないが、今回のロックダウン措置の緩和は、経済にとって良い兆候を反映しており、危機を解消し、国を立て直して前に進むために官民が協力していることの証明でもある。私たちセントラル・リテールは、営業を再開し、再びお客様をお迎えしてサービスを提供できることを嬉しく思います。従業員、ビジネスパートナー、お客様の信頼を最大限に高め、お客様が店舗でお買い物をされるときも、当社のオムニチャネル・プラットフォームを通じてお買い物をされるときも、安全で安心して最高のショッピング体験をしていただくために、必要なあらゆる行動をとる準備ができており、その意思があります。 とYol氏は語った。   

###

#Centralretial #CRC #JCCOTH

セントラル・リテールについて

Central Retail Corporation Public Company Limited(セントラル・リテール)は、タイにおける小売ビジネスのリーダーであり、セントラル・グループの基礎を築いた小売ビジネスのフラッグシップです。さまざまな小売ブランドで3,687店舗を展開しています(30日現在)。ばんざい 2021年6月)で、百貨店、コンビニエンスストア、専門店、スーパーマーケット、ハイパーマーケット、プラザなどの複数のカテゴリーの商品と、オムニチャネル・プラットフォームでのオンライン商品販売を行っています。(1)ファッションカテゴリー:セントラルデパート、ロビンソンデパート、スーパースポーツショップ、セントラルマーケティンググループで販売する衣装やアクセサリーを中心としたカテゴリー。 (CMG)を使用しています。 (2) ハードラインカテゴリー:電気製品、家庭用装飾品、修復品を中心に、タイワッツァドゥ、バーンアンドビヨンド、パワーバイ、グエンキム、オフィスメイト、B2S、メブ(電子書籍)で販売 (3) フードカテゴリー:生鮮品、家庭用・台所用電化製品を中心に、セントラルフードホール、トップスマーケット、TOPSデイリー、ファミリーマート、ビッグC/Go!(4) プロパティ分野では、ロビンソン・ライフスタイル・センター、TOPSプラザ、Big C/Go!などの名称で、店舗スペースを第三者に賃貸したり、グループ内のデパートに出店したりしています。30日現在ばんざい 2021年6月には、タイの54州、ベトナムの39州、イタリアの主要都市に店舗を展開しています(情報は30日現在)。ばんざい 2021年6月)。)

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)