東京2020パラリンピックで2つの銅メダルを獲得したパタヤの元学生が日本で祝賀会を開催

以下は、ゲスト記事/プレスリリースです。写真もDerek Franklin氏によるものです。

東京2020パラリンピック

パタヤの元学生、Putharet Khongrakさん(27歳)は、東京2020パラリンピックで2つの銅メダルを獲得し、日本で祝福を受けています。

17歳でパタヤ障害者専門学校に電子工学を学びに来たジェイは、それまでやったことのなかった車いすレースなどの障害者スポーツに出会いました。  

当校にはスポーツチャンピオンを輩出する長い伝統があり、その多くはタイ代表として東南アジア大会やアジア大会に出場していますが、パラリンピックに選ばれた選手はほとんどいません。

手や腕の機能は正常だが、下肢が使えない選手を対象としたT54カテゴリーに出場したジェイは、1500m、5000mともに優勝候補ではなかったため、3位でゴールしたことは大きな成果です。 

銅メダルを獲得した選手は、銀メダルを獲得した選手よりも幸福度が高いという研究結果がありますが、ジェイはまさに幸福な若者の一人です。 

Byデレク・フランクリン、ファーザー・レイ財団

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)