パタヤ地区で夜間外出禁止時間帯にセダンに轢かれた女性歩行者が死亡

バングラムン

昨晩(9月3日)、パタヤ地区において、夜間の社会的な集まりを控えるために午後9時から午前4時まで強制的に実施されているCovid-19夜間外出禁止令中に、歩行者の女性がセダンにはねられ、その場で死亡が確認されました。

午後9時40分、BanglamungのPong - Khao Maikaew通りで事故が発生し、Nongprue警察に通報されました。

救急隊員とパタヤニュースが現場に到着すると、道路上にシラット・スカンタパクディーさん(46歳)の遺体がありました。夫のBoonmee Pantengさん(43歳)は遺体のそばで泣いていました。

窓ガラスが破損したセダンが近くに停まっていた。運転手のロンナチャイ・ケンジャン氏(30歳)はノンプルー警察と一緒に現場にいた。

ロナチャイはノンプルー警察に、「門限を過ぎていたので、規則違反で捕まるのが怖くて、急いで家に帰ったんです。暗くて、女性が道路を横断しているのが見えなかったので、衝突を避けることができませんでした」。

被害者、彼女の夫、ロンチャイの3人が門限中に外出していた理由は不明です。ブーンミーは感情的になっており、すぐには当局の事情聴取に応じなかった。

目撃者は、ノンプルー警察に対し、ロンナチャイ氏が高速で運転していたと主張しています。しかし、警察は、Ronnachai氏に対する法的措置を検討するために、近くのCCTV映像を確認しています。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, フリップボードまたは タンブラー

LINEで速報をお届けします。

 

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)