プーケット・サンドボックス・プロジェクトが7月に開始されて以来、予防接種を受けた26,400人の観光客が訪れたことをTATが明らかにしました。

プーケット 

タイ国政府観光庁(Tourism Authority of Thailand)のユタサック・スパソーン(Yuthasak Supasorn)長官は、7月に「プーケット・サンドボックス」を開始して以来、この2ヶ月間でワクチン接種を済ませた62カ国の観光客26,400人がプーケットを訪れていることを9月1日(水)に明らかにしました。

TATの記録によると、プーケットでは7月1日から8月31日までの間に26,400人のワクチン接種済みの観光客を迎え入れています。そのうち、コヴィド-19の陽性が確認されたのは83名(9月1日現在)で、26,317名は陽性ではありませんでした。( 0.32%)

ワクチンを接種した外国からの来島者は、米国が3,438人で第1位、次いで英国3,389人、イスラエル2,729人、ドイツ2,072人、フランス2,050人、アラブ首長国連邦838人、スイス559人、オランダ536人、オーストラリア452人、中国417人。また、3,335人がタイ人でした。

知事は、第3四半期(7月〜9月)までに10万人以上の観光客を迎えるという当初の目標は、現在の入島者数が26,400人にとどまっているため、実現できないかもしれないと述べました。

これは、タイにおけるコヴィド-19の感染率が悪化し、プーケット島を出入りする際の予防規制が強化されたためではないかとTAT総裁は述べています。また、現在、米国や欧州諸国ではハイリスク国とされており、最近では英国でも「レッド」国とされ、英国人は帰国後、政府系ホテルに自費で隔離されなければならないとされています。

プーケット・サンドボックス・プロジェクトは、コヴィッド-19の国内情勢にもかかわらず、プロジェクトに入る観光客の総数に比べて感染率がわずか0.32%と比較的低く、タイ人と外国人観光客の両方に安心して島を訪れてもらうことができ、良好で満足のいくフィードバックを得ることができました」と知事は述べています。また、そのほとんどがプーケット空港で初めて検出されたものです」と知事は述べています。

また、TATは、観光客が滞在中にプーケット・サンドボックス・プロジェクトに満足しているかどうかを調査しました。その結果、80%の観光客がプーケットの住民のホスピタリティに最も満足しており、85%の観光客がSHA+ホテルや宿泊施設の品質やサービスに最も満足していることが明らかになりました。

旅行者が最も満足したストーリーのトップ5は、1.)プーケット空港でのSHA+シャトルサービスの質、2.空港でのSHA+シャトルサービスの予約、3.SHA+の宿泊施設、4.)プーケット空港でのサービス全般、5.)到着時の健康診断。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)