パタヤ地区の夜間外出禁止時間帯に、同じエリアで一晩に6台のバイクが盗まれた

バングラムン/パッタヤー/タイ -

Nongprueでの夜間外出禁止令中に、同じ場所で6台のバイクが盗まれました。Banglamung警察は容疑者を探しています。

チャッチャイ・パームプールさん(40歳)とピーラサク・ポンカンさん(48歳)は、ともにバンラムン警察に被害届を提出しています。

彼らは、警察やパタヤニュースの記者に、水曜日の夜(9月1日停留所)のバイクが寝ている間に盗まれてしまいました。現在、チョンブリとパタヤでは、タイ政府が定めた強制外出禁止令が毎日午後9時から午前4時まで実施されています。政府の発表によると、この夜間外出禁止令は、パーティーや集会を開いてコヴィド-19ウイルスを拡散させることを防ぐためのものです。

チャッチャイさんは、バングラムン警察に自宅マンションのCCTV映像を見せながら、「朝起きて用事を済ませて外に出たら、バイクがなくなっていてショックを受けた」と説明しました。

「私のアパートで撮影したCCTVの映像を見ると、午前1時に2~3人の男が1分以内に私のバイクを盗んでいました」とチャッチャイは説明する。

一方、ピーラサクさんはバングラムン警察に「私はチャッチャイさんと同じマンションに住んでいます。深夜に起きてくつろいでいると、部屋の近くで誰かが話しているのを聞いて、慌ててバイクに乗って出て行きました。その時は大雨だったのですが、特に気にせずに寝てしまいました。

「朝、私のバイクがなくなっているのを発見し、その後、隣人のチャチャイのバイクもなくなっていることがわかりました」とピーラサクは説明する。

Banglamung警察によると、9月1日夜から2日朝にかけて、Soi Khao Taloの同じエリアで、他にも合計4台のバイクが盗まれたと報告されています。

警察は、この6件のバイク盗難事件に同じ容疑者が関与していると考え、犯人の特定と裁きを目指して捜査を続けています。

‘=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。 または、以下にメールを入力してください。

ニュースレター

 

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
4.17 (6 票)