タイのCovidセンターでは、最大管理区域内のレストランでのライブ音楽、ショー、エンターテイメントの禁止を明確にし、ミュージシャンやエンターテイナーに忍耐を求めています。

タイのバンコク。

  昨日2021年9月1日の午後、CCSA(Center for Covid-19 Situation Administration)のアシスタント・スポークスマンは、最近オープンしたレストランでのエンターテイメントについて、記者から具体的な質問を受けました。

最大限に管理されている29の州で、約1ヶ月半ぶりにレストランの店内営業が許可されました。しかし、レストランでの飲酒が禁止されるなど、多くのルールが残っていた。

この広報担当者は、バンコクのプレスプールの記者から、チョンブリを含む「ダークレッドゾーン」のレストランでライブ音楽やショーが許可されているかという質問を受け、バンコクやパタヤなどの市場は、4月10日から数ヶ月間、実質的に仕事をしていないミュージシャンにとって最も重要な市場であると指摘しました。バー、ラウンジ、コンサート、ナイトクラブなどは4月から全国的に閉鎖されていますが、多くのミュージシャンやエンターテイナーから、生演奏が行われる一部のレストランで、食事客とは別の場所で、Covid-19の注意事項を守っていれば、働くことができるのではないかという問い合わせがありました。

残念ながら、CCSAのアシスタント・スポークスマンであるアピサマイ・スリランサン博士は、このアイデアに冷水を浴びせた。彼女は、CCSAはアーティストやエンターテイナーの苦しみを十分に理解し、同情しているが、今は人々が会場で長時間過ごすことを懸念していると述べた。音楽やショーがあれば、レストランでの滞在時間が長くなり、Covid-19の蔓延につながる可能性があると考えていると述べました。また、バンドやパフォーマーがいることで環境に人が増えることや、ライブエンターテインメントがあると人々が踊ったり交流したりしたくなることを懸念していました。

そのため、現時点ではレストランでのショー、コンサート、イベント、バンド、シンガー、パフォーマンス、タイの伝統的なダンス、DJ、司会などの活動はできないとアピサマイ博士は言っています。

ただし、CCSAは国内の規制やCovid-19の状況を継続的に見直しており、状況が改善されればさらに緩和されるだろうと述べました。CCSAは彼らのことを忘れてはいないので、この分野の人々は辛抱してほしい」と述べた。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)