40歳のタイ人がナコンサワンで逮捕されました:販売目的で猿を違法に捕獲したと報じられました。

ナコンサワン

本日9月1日、ナコンサワン県のパユハ・キリ地区で、40歳のタイ人男性が、販売や輸出のために生きたサルを違法に捕獲した疑いで逮捕されました。

2021年8月31日、Phithak Thongsukと友人の2人は、Samrong Templeで猿を捕獲しているところを捕らえられ、当初の逮捕を免れました。寺院での目撃者によると、容疑者たちは麻酔薬入りの吹き矢を動物たちに向けて発射していたとのことです。

トンズク氏が登録したピックアップトラックの中から、青いネット袋に入ったサル約6匹が発見され、没収されたが、その後も捜査を続け、本日の逮捕に至った。

Phithakの供述によると、彼は寺院から野生の猿を何匹か捕まえてきて、ピチット県で1匹1,000~1,500バーツで売っていたという。サイズは1~3kg程度が最適で、捜査や逮捕を避けるために当局のマークをつけてはならないという。Phithakは、猿がどこに連れて行かれるのか、売った相手の正確な名前も知らないと主張した。また、昨日サムロン寺で一緒にいたとされる友人の名前や連絡先も知らないと言っている。

保全地域管理局(エリア12)のディレクターであるThanit Nooyim氏は、海外で販売するために地元の猿を捕獲して購入する密輸ネットワークがあったことから、当局は国内の同様のケースを注意深く監視していたと記者団に語った。

当初、この40歳の拘留者は、2019年の野生生物保護法に基づき、許可なく保護された野生生物を狩猟、所持、取引した罪で起訴されました。一方、動物たちは地元の病院で健康診断を受けるために移送された後、自然に戻される予定です。

写真提供Nation TV

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)