昨日スラタニでイスラエル人少年の死亡事故が発生し、タイ天然資源環境大臣が箱クラゲ対策を要請

ナショナル

昨日8月28日、スラタニ島のパウンガン島で9歳のイスラエル人少年がハコクラゲに刺されて死亡するという痛ましい事故が発生したことを受け、タイ天然資源環境大臣は関係当局に対し、タイ湾に生息するハコクラゲの長期的な解決策を検討するよう要請しました。

パンガン島のハッドリンで泳いでいた少年が、土曜日にハコクラゲに刺されたと報じられたことについて、ヴァラウト・シルパアーチャ大臣は哀悼の意を表しました。少年は病院に運ばれましたが、残念ながら夕方になって死亡が確認されました。

バラウト氏は、海洋・沿岸資源省と国立公園・野生生物・植物保護省のスタッフや学者に、パンガン島をはじめとする国内の有毒クラゲが生息する地域で増えているハコクラゲの調査を行うよう命じました。

酢が毒の拡散を遅らせる可能性があるため、すべての主要な観光地で酢の救急ポールの設置が実施されることになりました。

PHOTOマチコン

海洋・沿岸資源局のSophon Thongdee局長は、すべての観光施設に対し、夕方や日没後、特に雨上がりには観光客が泳がないよう注意を促しました。また、全身を覆う水着を着用し、ブイの外で泳がないようにしてください。

事務局長は次のように述べています。「ハコクラゲに吊られたと思われる人がいたら、すぐに傷口に酢をかけてください。普通の水ではなく、また砂でこすると毒が広がる恐れがあります。意識不明の場合は、すぐに心臓マッサージを行い、最寄りの病院に搬送してください。"

"ハコクラゲに毒された人を発見した場合は、直ちにその地域の当局に通報するか、ホットライン番号1669に電話して、直ちに支援を提供してください。"と事務局長は結んでいます。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)