大雨と洪水でパタヤの道路は麻痺し、洪水対策プロジェクトは継続されているが

PHOTO:パタヤ市警察

パタヤ

今朝(8月27日)、パタヤとバングラムンで大雨が降り、幹線道路と地方道路の両方で洪水が発生しました。市街地では多くの車両が洪水で立ち往生しています。一方、パタヤ市当局は、現在進行中の洪水対策作業はまだ行われていると述べ、ネット上での批判に応えました。

この大雨は、朝のラッシュアワーである午前7時30分頃に発生し、パタヤとバングラムン地域では正午までの約5時間続きました。まず、私たちのチームが撮影した洪水の様子を収めたビデオを以下にご覧ください。

スクンビット、ソイ・カオ・タローなどの複数の幹線道路や、サマキータム寺院の裏手にある鉄道付近の道路で、かなり深い水が確認されました。

路面の水位は約30センチから1メートル以上に達し、交通機関は遅延し、複数の車両が水に浸かって動けなくなりました。

PHOTO:パタヤ法執行機関

交通警察や警察官は、交通整理で自動車を誘導したり、洪水で立ち往生している人を助けたりしました。

PHOTO:パタヤ市警察

雨が止んだ2時間後には水位が下がり、交通量も元通りになりました。

一方、パタヤ市当局は、ソイカオノイの「Kaem Lingプロジェクト」(モンキーチークスプロジェクト)の作業を続けています。このプロジェクトは、パタヤ地域で繰り返される洪水問題を解決するために、水ポンプを設置し、運河を掘削することで設計されていると市当局は述べている。

EEC(東部経済回廊)からの総予算は6億5500万バーツ。このプロジェクトは昨年12月に開始されました。市役所の見積もりによると、完成は来年の8月の予定。このプロジェクトは、特に鉄道道路周辺の洪水が大幅に緩和される前に完了する必要があると述べています。また、雨季に発生する洪水を軽減するためのウォーターポンプの建設と修理もこのプロジェクトの一環です。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください [email protected]

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)