タイ保健省大臣、最大抑制県におけるCovid19規制の緩和について、ほとんどの企業と会談

バンコク

タイのアヌティン・チャーンビラクール保健相は本日8月24日、レストランでの食事の持ち込みを可能にするなどの規制緩和策をCCSA(Center for Covid-19 Situation Administration)に導入することについて、主要な9つのビジネスグループと話し合いました。

大臣は、9つのビジネス団体の代表者との会合を開きました。これらの団体は、疾病管理の下で運営される一部のビジネスの緩和を求める嘆願書を提出するために省を訪れました。

協会には、レストラン事業者、家具産業グループ、タイ工業グループ、民間臨床協会、タイスパ事業者協会、タイ衣料産業協会、タイゴルフクラブ協会、タイ美容師協会、タイレストラン協会などがありました。

4月以降、全国的に基本的に休業しており、最も打撃を受けていると言っても過言ではないエンターテインメント、バー、ライブハウス、ナイトライフ業界の代表者たちの姿が目立っていました。

会議に出席した人々の陳情によると、ビジネスの再開は3段階に分けて行うべきだという。第1段階では、飲食店は50%の営業を認める一方、建設業、家具、歯科医院、マッサージパーラー・スパ、医療機関、美容機関、IT機器・電気、オフィスビルなどのその他の事業は、9月1日までに第1段階で再開すべきだとしています。

第2フェーズでは、9月15日までにレストランの75%のキャパシティが承認されること。衣料品店や教育機関も同様に運営されるべきです。そして、9月末に予定されている最終段階では、レストランだけでなく、その他のヘルスケアビジネス、遊び場、フィットネスセンター、屋内運動場、映画館などの営業が全面的に許可され、ナイトライフ、エンターテインメント、バー業界を除くほぼすべてのビジネス分野が再開されることになります。

Covid-19状況管理センター(CCSA)によると、Covid-19状況下では多くのルールがあってもオープンするのは難しいとのことで、ナイトライフやエンターテインメント経済は計画案から除外されました。

PHOTOPR - Ministry of Public Health

アヌティンは会議の中で、政府はすべての起業家のための解決策と、ビジネスとCovid-19の健康上の制限とのバランスを見つけようとしてきたが、新たなミュータントの発見など、自分ではコントロールできないことも多いと述べた。しかし、この苦難の中で理解と協力をしてくれたすべてのビジネス分野に感謝の意を表した。

公衆衛生省のKiattipoom Wongrachit政務次官は、会議後に報道陣に対し、今週金曜日(8月27日)に開催されるCCSAの総会で、同省がいくつかの予防措置の緩和を提案することを明らかにしました。ただし、レストランでのダインインを再開する可能性は高いとのことです。

"は今週金曜日のCCSA会議に提案される予定です。しかし、CCSAはダイニンレストランの再開を50%程度のキャパシティで認め、屋外施設やフィットネスセンターなどをより緩和する可能性があります」と述べています。

TPNメディアによると、これはチョンブリやバンコクなど、現在ダインインが禁止されている29の最大コントロールゾーンが対象となっています。最高管理区域ではない地方では、すでにダインインが可能となっている。

また、レストランや「リスクの高い」場所に行く前に、コヴィド-19のワクチン接種を受けていることや回復していることを証明するというルールや対策が提案されたことにも注目しています。ただし、現在は予備的な提案に過ぎず、最終的には何も決まっていません。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

フォローしてください フェイスブック,

LINEで速報をお届けします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)