意見タイは、ワクチンを接種した外国人旅行者を、より緩やかなルールで受け入れることを真剣に検討すべきだ。

以下は意見です。この記事に記載されている考えや発言は筆者個人のものであり、Pattaya News Company Limited全体の考えを反映したものではありません。

  現在、タイの状況が厳しいことは誰も否定できない。

連日の抗議活動、29の地域が部分的に閉鎖されていることによる数万の企業の閉鎖、タイ商工会議所によると推定300万人の失業者(インフォーマルセクターを含めるともっともっと多いと思われる)、人々が望むほど早く進まない予防接種プログラム、様々な分野からの政府への継続的な圧力と相反する目標など、ほとんど完璧な嵐のようです。

これは、ワクチンを接種した外国人旅行者が検疫を受けずに入国し、島を自由に歩き回れるようにするものですが、一連のルールや書類作成、テストが必要となります。私が言っているその指標とは は、ワクチンを接種した外国人観光客がコヴィド-19を保有し、拡散するという点でのリスクです。.それについては、後ほどご紹介します。

  サンドボックス・プログラムは、最近になって静かに拡大され、ワクチンを接種した外国人旅行者は、7日間の滞在と2回のCovid-19検査の陰性化を経て、他の島への渡航が可能になりました。 これは、当局がサンドボックスプログラムに自信を持っていることを示していますが、それは主にこれまでのデータが示していることによるものです。

サンドボックスに関するSNSのコメントは、ネガティブなものが多いですね。 その気持ちはとてもよくわかります。 確かに2019年の時代の旅行ではありませんし、書類の量や手続き、Covid-19テストなど、特に一般の旅行者にとってはかなり威圧的です。 このプログラムに参加していた外国人観光客が殺害されるという痛ましい事件が発生したことは、大きな汚点となった。 砂場では、地元のCovid-19事件が相変わらず相当数発生していますが、その大半は地元住民や国内で島に行った人たちのものであり、砂場の観光客ではないということが非常に重要です。

これらの事件をきっかけに、島ではレストランでのアルコール禁止(公式には)などのルールが強化されています。 厳格な国内旅行規定により、国内旅行を希望する人は基本的に島に入ることができません。

では、私が言った「ポジティブな指標」とは何でしょうか?さて、ある信念に反して サンドボックス」は、「Covid-19」以前のように何万人もの観光客を呼び込むものではありませんでした。 実際、観光客が戻ってくるのを阻止するために、ルールは非常に厳しくなっています。プーケットでは70%以上のワクチンが接種され、すべての観光客がワクチンを接種して入国しているにもかかわらず、タイは今のところその種の観光客を望んでいないようだ。プーケットは70%以上のワクチンを接種し、すべての観光客がワクチンを接種しているにもかかわらず、タイはそのような観光客を望んでいないようです。また、海外から帰国したタイ人の方も多くいらっしゃいます。

それはそれでいい。彼らは皆、何らかの形で経済に貢献していますし、検疫なしで外国人ワクチンを接種した観光客を受け入れることのリスクをテストする目的もあります。また、サンドボックスに実際に参加した人のほとんど(もちろん全員ではありませんが)が、かなり肯定的な意見を述べていることも重要です。 この主要なFacebookグループを見ればわかるように。 P.S. ネット上のランダムなネガティブコメントではなく、実際にプログラムを経験した人たちからプログラムについて学ぶことができるのも魅力です。

では、サンドボックスは何のために存在するのでしょうか? 単純に、ワクチンを打った外国人観光客を検疫なしで入れることのリスクを測るため。 私は、この記事でワクチン接種済みか未接種かの議論や、デルタバリアント、伝達性、ウイルス量などの議論をするつもりはありません。私は単に以下のことを述べるつもりです。タイは、ワクチンを接種した外国人観光客を検疫なしで受け入れることのリスクレベルを確認したかったのです。 タイは、ネガティブテストに合格したワクチン未接種者の検疫も減らすべきか?それは全く別の話題と記事になるので、ここでは触れないことにします。しかし、現在、タイではコヴィド-19の感染者が多いにもかかわらず、非常に厳しいルールのもと、14日間のホテル検疫を受けていることは注目に値します。

プーケットで厳しい検疫を受けずにワクチンを接種した外国人観光客に関しては、その特別なテストは非常にうまくいっているようだ。いいえ、完璧ではありません。 はい、そういったケースもあります。 しかし、彼らはケースがあることを知っていたので 率直に言って、現在のタイの状況は、1日に2万件以上の患者が出ています。 (重要なのは、回復が新しい症例を上回り始めていることと、ワクチン接種のスピードが加速していることですが、訪問者を受け入れるための予防措置のレベルは、ほとんどすべての基準で、過度に慎重になっています。

ちょっとだけ掘り下げてみましょう。下のチャートは、2021年8月19日時点での最新のプーケットサンドボックスのデイリーレポートです。

はい、タイ語で書かれていますが、表全体を詳しく説明するのではなく、最も重要なことを少しだけ説明します。この日の時点で、左下の緑のボックスに見られるように、22,389人がサンドボックスプログラムからプーケットに入国しています。その隣にある新しいボックスは、そこまで滞在した人たちの2回目と3回目のCovid-19テストを表しています。2つ目のボックスは、7日目頃のCovid-19検査で、最後のボックスは13日目頃、タイのどこにでも行くことが許される直前の検査である。(しかし、現在のCovid-19の状況から、いくつかの県では追加の措置がとられています)。)

ご覧の通り、1回目の検査では合計22,327人がコヴィド-19の陰性となりました。2回目の検査では10,724人、3回目の検査では6897人となっています(13日目の検査で陽性と判定されたのは2人だけでしたが、これも7日目以降に他の島に行くことを許可した大きな理由です。.)

22,327人の数と、合計62人の陽性例(ワクチンを接種していない子供が数人、入れているので)に基づいています。 これは、ワクチンを接種した外国人旅行者が最初の手続きを経てコヴィド-19を発症する確率が0.28%であることを意味しています。 (興味深いことに、最初の検査にもかかわらず、陽性者の大半は到着時に陽性と判定されました。

0.28%です。さらに掘り下げてみましょう。

その0.28%のうち、実際にはワクチンを接種していない子供によるものが0.26または0.27程度ですが、「スーパースプレッダー」と呼ばれるようなケースはなく、これまで全く広がっていませんでした。 また、陽性者のうち、ほぼ全員が無症状または極めて軽度であり、病院のシステムを圧迫していないということです。(もちろん、タイでは陽性反応が出た場合には医師の監視が必要というルールがありますが、可能であれば自力での隔離も徐々に認められるようになってきています。)

さて、プーケットでは昨日、過去最高のCovid-19症例を記録しましたが、新たに129症例となりました。 しかし、ワクチンを接種した外国人観光客によるものは2件のみでした。残りはすべて、地元住民/国内旅行者でした。

7月1日に始まったサンドボックスのこれまでのデータを見ると、はっきりしています。ワクチンを接種した外国人旅行者がコヴィド-19に感染したり、コヴィド-19を広めたりする全体的なリスクは非常に低い。特に、現在のタイ国内の状況と比較すると。さらに、現在、観光客を広く受け入れるための障害の一つは、病院の空き状況ですが、これまでのところ、ワクチンを接種した外国人観光客がそのシステムをあまり圧迫していないことも示されています。

ですから、タイはワクチンを接種した外国人旅行者をもっと広く受け入れるべきだと私は考えています。少なくとも、データに基づいてルールを緩和し、来たい人には来てもらうべきだと思います。 まだ「総ての門を開く」とまではいかないかもしれませんが、島だけではなく、国内のほとんどの場所に行けるようにすることを真剣に検討しましょう(チェンマイとホアヒンが議題に上がっていますし、検討されています)。 バンコクや、悲しいことにチョンブリ(パタヤ)のように、大流行している地域に彼らを入れることに反発するのは理解できますが。

確かに、部分的にロックダウンされている場所や事件が多い国に、なぜ誰もが来たいと思うのかというコメントや意見が多いかもしれませんし、それは確かに正しい指摘です。しかし、ルールが多少緩和されれば、たとえ「スノーバード」や「エクスパット」であっても、来る人はたくさんいると思います。そして、覚えておいてください。 このような人たちは、少なくとも必要なお金を使うでしょう。 また、メキシコ、トルコ、ドバイ、モルディブなどの国々では、多くのコヴィド-19のケースがあっても、許可されれば人々は旅行をするということが以前から証明されています。

結論として、タイ政府はワクチンを接種した外国人観光客の受け入れについて、ルールを大幅に緩和することを真剣に検討すべきだと私は思います。すでに密室で議論されており、10月頃には実現するかもしれませんが、政府関係者の頭の片隅には必ずあるはずです。

少なくとも、プーケット以外の場所にも砂場を広げる計画を続けてほしい(安全で密閉された砂場ではなく、実際の砂場)。 検疫・サンドボックスの期間を7日間に短縮また、COEのような事務処理をなくしてしまえば、国内の状況に比べてかなりリスクが低いと思われる層から、この困難な時期に必要な収入を得るための素晴らしいスタートとなるでしょう。

いつもお読みいただきありがとうございます。この記事のフォローアップとして、今年の第4四半期までに国内観光を回復させることの重要性と、そのために重点的に取り組むべき理由について、近いうちに説明するつもりです。この記事をご覧になっていない方は、これからの半年間に状況が改善され、またすぐにタイでお会いできることを願っています。皆さん、お気をつけて。そして安全に。

アダム・ジャッド(TPNメディア、共同経営者

 

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)