東京オリンピックに41名の選手を派遣し、金メダルと栄光を目指すタイ

ナショナル

タイは、7月23日に開催される東京オリンピックでの10個目の金メダル獲得を目指し、15種類の競技に41名の選手を派遣しました。

活動内容は、陸上競技、バドミントン、ボクシング、ボート、サイクリング、乗馬、ゴルフ、柔道、ヨット、ウィンドサーフィン、射撃、スキートシューティング、水泳、卓球、そして テコンドーです。

タイ選手団の責任者であるタナ・チャイプラシット氏は、準備状況の評価から、タイ選手団はテコンドー、ボクシング、スキート射撃、バドミントン、ゴルフの人気5競技で少なくとも1つの金メダルを獲得する可能性が高いと考えていることを明らかにしました。

テコンドーでは、パニパク・"テニス"・ウォンパッタナキット選手が人気を博しています。 は、オリンピックで金メダルを獲得する可能性が最も高い国の代表選手となります。彼女はこのチームの中で、2016年にブラジルのリオデジャネイロで開催されたオリンピックで銅メダルを獲得した唯一のタイ人選手です。

ボクシングのチャチャイ・デチャ・ブットディー選手は、36歳で迎えるオリンピックに別れを告げるために、今年は金メダルを獲得することを目標に準備を進めてきました。また、スキート射撃のSuthiya "Nee" Jiwchalermmit選手は、これまでに3度オリンピックに参加しており、初めての金メダル獲得を目指しています。

バドミントンは、これまでプログラムでNo.3を主張してきたDechapol "Bas" PuavaranukrohとSapsiree "Por Por" Taerattanachaiのペアの混合ダブルスや、女子シングルスでタイのNo.1であるRatchanok "May" Inthanonなど、優勝の可能性が高いと考えられています。

ゴルフでは、元世界ランキング1位のアリヤ・"プロ・メイ"・ジュタヌガーンと、世界ランキング12位のパパンコーン・"プロ・ミャウ"・タワタナキットという、メジャー大会で活躍したタイの女性プロが2名参加します。

7月23日に開催される「東京オリンピック2020」の開会式では、女性シューターのナパツァワン・"アーン"・ヤンパイブーン選手と、スキートシューターのサウェット・"サム"・セッタフォン選手の2名が、国の代表としてタイ国旗を持ってパレードを行います。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。または、以下にメールを入力してください。

ニュースレター

2021年のパタヤニュースをサポートしてください

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, フリップボードまたは タンブラー

LINEで速報をお届けします。

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または下のコメント欄にご記入ください。

広告掲載をご希望の方や、ビジネス、イベント、チャリティ、スポーツイベントなどのプロモーションに関するお問い合わせはこちらから。メールでお問い合わせください。 [email protected]

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください [email protected]

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)