タイ内閣、プーケットサンドボックスとスラタニの3島で来月からワクチン接種した外国人観光客への再開を正式に承認

ナショナル

タイ内閣は本日6月22日午後、「プーケット・サンドボックス」プロジェクトでプーケットを7月1日に、サムイ島、ファ・ンガン島、タオ島などスラタニの3つの島を7月15日に再開するというセンター・フォー・コヴィッド-19シチュエーション・アドミニストレーションの提案を正式に承認しました。

政府のアヌチャ・ブラパチャイスリ報道官は、内閣委員会の会議の後、再開に先立ち、プーケット州の再開コントロールセンターが設立され、ワクチンを接種したすべての外国人観光客の島への到着と出発を監視することになると述べました。

プーケット・サンドボックス」では、ワクチンを接種した低~中リスク国の外国人旅行者は、検疫なしで島を訪れることができます。到着時には、Covid-19の予防接種証明書、72時間以内に発行されたRT-PCRテストの陰性結果、その他の関連書類を提示する必要があります。すべての到着者は、到着後1日目、6日目、12日目の3回、Covid-19検査を受ける必要があります。 陰性であれば、14日後に全国の他県への渡航が認められます。

旅行者は、Covid-19の拡散防止策の一環として、追跡アプリケーション「Mor Chana」をインストールし、チェックインしなければなりません。また、旅行の際には、島内で検査を受けたCovid-19の結果と、その他の必要書類を提示しなければなりません。

スラタニの3つの島の再開には、同様の「サンドボックス」プロジェクトが適用されます。また、外国人観光客の滞在中の宿泊施設や封鎖されたルートでの監視も行います。空港や桟橋には、観光客が島に出入りする際のチェックポイントを設置します。

サムイ島、ファナン島、タオ島では、最初の3日間は宿泊施設内で過ごし、4日目と7日目に指定されたエリアでサムイ島内を移動することができます。

先週のCCSA(Center for Covid-19 Situation Administration)の報告書によると、その後2週間は3つの島の間を検疫なしで移動することができ、その後はタイの他の県への移動が許可されるとのことです。

この命令は、タイ王国のガゼット紙に掲載され、主に形式的なものである内閣の承認を間もなく得て、法的に正式なものとなる見込みである。具体的な手続きや、どの国が中リスクから低リスクに指定されているかなどの詳細な情報は、「間もなく」大使館や一般市民に公開される予定だと、タイ政府関係者は付け加えた。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

2021年のパタヤニュースをサポートしてください

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, フリップボード, パーラーまたは タンブラー

LINEで速報をお届けします。

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または下のコメント欄にご記入ください。

広告掲載をご希望の方や、ビジネス、イベント、チャリティ、スポーツイベントなどのプロモーションに関するお問い合わせはこちらから。メールでお問い合わせください。 [email protected]

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください [email protected]

 

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)