ウドンターニーで78歳の客が髪型が悪いと理容師に警察に届け出る

ウドンターニー

昨日6月17日、ウドンタニのバンドン警察署に、78歳の客が、地元の美容師に髪を不揃いに切られたことを警察に訴え、60バーツの返金を求めました。

ウェンファ」とだけ名乗ったこの老人は、午後になって警察署にやってきて、不愉快な髪型にした美容師に対して猛烈に警察に届け出た。彼はまた、ヘアカットの代金60バーツと、店で購入したエナジードリンクの代金20バーツ、合計80バーツの返金を求めた。彼は、バンドン警察が名前を明かさなかった美容師が返金を拒否したと主張しています。

当時、勤務していたBan Dung警察署の副巡査長Thaworn Saengchanda中佐は、「髪型を変えただけで格好良くなったのだから、何も報告しなくていい」と褒めてくれた。また、警察は美容師を介さずに散髪代の返金を60バーツで行ったとのこと。

調停が終わると、男性は落ち着きを取り戻し、理髪師への苦情を取り下げて警察署を後にした。タイの警察では何が起こるかわからないということだ。この事件の一部始終は、警察署に居合わせたタイの報道関係者によって写真とビデオで撮影された。

写真提供サイアムラス

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

2021年のパタヤニュースをサポートしてください

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, フリップボード, パーラーまたは タンブラー

LINEで速報をお届けします。

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または下のコメント欄にご記入ください。

広告掲載をご希望の方や、ビジネス、イベント、チャリティ、スポーツイベントなどのプロモーションに関するお問い合わせはこちらから。メールでお問い合わせください。 [email protected]

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください [email protected]

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)