タイにおけるCovid-19ワクチンの登録状況。登録と接種日はいつなのか、これまでにわかっていることは以下の通りです。

ナショナル

タイで発生したコヴィド-19コロナウイルスの第3波の中で、ワクチン接種は、タイ政府への賛成派と反対派の両方の多くの団体によると、発生に対処するだけでなく、政府、国の経済状況、国に対する国際的な認識に対する人々の信頼を回復するための唯一の方法であると考えられます。

タイでは現在、医療従事者、60歳以上の高齢者、ハイリスクグループに属する人々、観光産業従事者、ウイルス拡散の危険性がある公共サービスに従事する人々(バイクタクシーの運転手、バスの運転手など)、バンコクの混雑した地域を中心に現在のクラスターの近くに住んでいる人々にワクチンを配布している段階です。

バンコク都(BMA)は、本日5月27日午後、18歳から59歳までの人を対象としたCovid-19ワクチン登録のオンラインプラットフォームを初めて開設しました。登録は午後12時以降、www.ไทยร่วมใจ.com、Pao Tungアプリケーション、またはコンビニエンスストア(7-11、Tops Daily、FamilyMart、Mini Big C)で行うことができます。

AIS、DTAC、TrueMove Hのタイの3大サービスプロバイダーも、来月、首都のBangsue Grand駅で、タイ人を対象としたCovid-19の1回目の予防接種を受けるための登録プラットフォームを開設しました。これは、県によって異なる可能性があります。

タイ政府によると、バンコクの数百の私立病院と25の院外予防接種センターが、事前に登録した人を対象に予防接種を実施しています。使用されるワクチンはシノバックとアストラゼネカで、登録した個人の年齢やグループによって異なります。しかし、現在、エブリイ病院ではオープンレジストレーションは行われておらず、新規登録は受け付けていないと言われたという報告がTPNメディアに複数寄せられています。一部の病院では、ワクチンが入手可能になった際にお知らせするリストに登録することを受け付けているとのことですが、すべての病院ではありません。状況はほぼ毎日のように変化しているため、現時点では完全なリストを提供することは不可能です。

他の省では、医療の最前線にいる人やハイリスクのグループを対象に、健康状態の悪い人や60歳以上の高齢者を優先して、地元の病院でワクチンの配布が行われています。登録の進め方は、特定の県の地元当局の発表によると、各県で異なる場合があります。プーケットやパタヤなどの観光客が多い地方では、観光客の労働者にも力を入れていると言われています。

企業や職員を対象とした集団予防接種も、全国の民間企業や公的機関で認められています。企業は、省内の省伝染病委員会に連絡して登録することができる。多くの省に人員がいる大企業、外国の機関、国際機関は、疾病管理局に連絡することができる。一部の外国人がこれに該当する。

タイの長期滞在ビザを持つ外国人のための政府プログラム登録についてなお、CCSAが発表した当初の計画では、6月7日にオープンする予定です。 現場の予防接種センターは、健康記録のある病院または公衆衛生省がリストアップした指定病院となります。.この指定病院のリストはまだ公表されていません。登録の詳細については、開始日の前に地方自治体から提供されるでしょう。ワクチンはアストラゼネカ社のものを使用する予定です。これまでに発表された情報によると、観光ビザの方はワクチン代を支払う必要があり、政府のプログラムを受けることはできません。長期ビザは、退職、結婚、労働許可、家族などのようなものだろう。労働許可証を持つ労働者の中には、会社が上記のように登録することで成功した人もいる。

TPN Mediaによると、これは非常に流動的な状況であり、変更される可能性があります。.事前登録を受け付けている病院と、受け付けていない病院があるというメールを多数いただいています。私たちは引き続き状況を見守っていきますが、読者の皆様には、現地でのワクチン登録に関する体験談を、肯定的なものであれ否定的なものであれ、メールでお寄せいただくことをお勧めします。多くの外国人は、6月7日頃に予定されているタイ政府からのより確かな情報が発表されるまで待つことをお勧めします。

モデナのような「有料」のワクチンを民間の病院で登録するには、その病院とのやりとりが必要になります。 発売時期は未定ですが、10月頃を示唆する情報もあります。

アストラゼネカは、タイ人と外国人の両方が政府のプログラムを申請する際の主要な予防接種となります。代替ワクチンは民間病院で配布され、公衆衛生省の見積もりによると約3,000~4,000バーツで販売されますが、この価格は「定まっていない」とのことです。どのブランドを輸入して現地で配布するかは保健省から確認されていませんが、最初の2ブランドであるジョンソン・エンド・ジョンソンとモデナは、すでにタイのFDAで承認されているため、国内に輸入される可能性があります。

CCSAの当初の計画では、集団免疫を作るために、タイの全人口の70%に約1億回の接種を行う必要があります。1回目の接種は10月末までに、2回目の接種は年内に完全に接種する予定です。

タイのワクチン情報はほぼ毎日更新されており、状況は非常に流動的であるため、引き続き最新情報をお伝えしていきます。その理由の一つは、多くの県がそれぞれの知事による独自の計画を実施しており、それが公衆衛生省による国の計画と異なる場合があるからです。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

2021年のパタヤニュースをサポートしてください

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, フリップボード, パーラーまたは タンブラー

LINEで速報をお届けします。

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

広告掲載をご希望の方や、ビジネス、イベント、チャリティ、スポーツイベントなどのプロモーションに関するお問い合わせはこちらから。メールでお問い合わせください。 [email protected]

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください [email protected]

送信
ユーザーレビュー
4.25 (4 票)