トラートの嵐の最中に波がスピードボートに当たった後、XNUMX人が行方不明、XNUMX人がチャン島の近くで救助された

NaewNaの写真提供

トラート–

トラートのチャン島で、最近の強い嵐による強風と波がスピードボートに衝突して転覆した後、XNUMX人はまだ行方不明で、もうXNUMX人は救助されて生き残った。

チャン島地区長のチャチャイ・トンリーは、今朝午前9時(00月27日)頃、クロンプラオビーチ近くで小さなスピードボートが強い波に転覆し、XNUMX人が行方不明になったと通知されました。

国立公園局と関連する海洋機関からの救助隊員と役員が行方不明者を捜すために派遣されました。 一人はまだ行方不明でしたが、一人は救助されました。 彼らの名前はAP通信にすぐには発表されなかった。

昨夜の大雨により、キリペッチ山地の近くで鉄砲水が発生し、チャン島南部の村が洪水に見舞われました。

観光客は海に入らないように警告されており、小型ボートは関連する海洋機関によって現在海に出ることを禁止されています。

SOURCE: ネウナ

2021年のパタヤニュースのサポートにご協力ください!

フォローをお願いします FacebookTwitterグーグルニュースInstagramチクタクYoutubePinterestFlipboardパーラーまたは タンブラー

アラートを破るためにLINEに参加してください!

Facebookグループのディスカッションに参加してください https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または以下のコメントで。

私たちと一緒に宣伝したり、あなたのビジネス、イベント、チャリティー、またはスポーツイベントの宣伝について問い合わせたいですか? で私達に電子メールを送りなさい パタヤnewseditor@gmail.com

 

 

 

送信
ユーザーレビュー
5 (1 票)
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。