プレスリリースタイ出身のジャズ・ジャネワッタナノン選手がオリンピックゴルフツアーの候補者をリード

以下はプレスリリースです。彼らの発言や意見は彼ら自身のものです。

11ばんざい 2021年5月 - 今年の夏、7月23日から8月8日まで、COVID-19の条件が許す限り、第3回オリンピックが東京で開催されます。2016年のRIOで名簿への再導入に成功したゴルフは、最も期待されているスポーツの一つとして戻ってきます。

男子は7月29日から8月1日まで、埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部で開催され、女子は翌週の8月4日から7日まで行われます。

4年に一度のスポーツの祭典への出場権を得るために、男女それぞれの世界ランキングを競い合う大会は、ある意味ではすでに始まっています。

また、アジアツアーのメンバーが日本行きを目指していることから、ツアーでは隔週で予選の順位をお知らせします。

現在、タイのジャズ・ジャネワッタナノン、ガン・チャロエンクル、マレーシアのギャビン・グリーン、ジンバブエのスコット・ヴィンセントらが予選通過の可能性を秘めています。

リオの時と同様、公式ワールドゴルフランキングに基づいて予選が行われ、6月21日にカットオフが行われ、合計60名の選手が予選を通過します。

上位15名の選手はすべて予選を通過しますが、この方法で予選を通過できるゴルファーは1カ国につき4名までとなります。現在、4人のアメリカ人がこの方法をとることができます。ジャスティン・トーマス、ザンダー・シャウフェレ、ブライソン・デシャンボー、コリン・モリカワ

残りの出場枠は、まだ2人のゴルファーが予選を通過していない国の最高ランクの選手に与えられます。ゴルフイベントと予選を管理する国際ゴルフ連盟(IGF)は、開催国と各地域(アフリカ、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニア)から最低1名のゴルファーが予選を通過することを保証しています。

現在、世界ランキング111位のジャズはオリンピックランキング35位、ガンは世界ランキング198位、日本ランキング50位となっています。

前回のオリンピックに出場して47位だったグリーンは、オリンピックリストでは世界ランク239位と54位、ヴィンセントは同245位と55位に位置しています。

現在、3人のインド人ゴルファーがリザーブリストに入っています。Udayan Mane、Anirban Lahiri、Gaganjeet Bhullarの3名です。韓国人ゴルファーでは、イ・キョンフン、カン・ソン、キム・ジュヒョン、ファン・ジョンゴンの各選手がリザーブに入っていますが、参加するかどうかは選手の辞退次第です。

アジアツアーのメンバー14名がリオに参戦し、何人かの選手が活躍しました。特に、オーストラリアのマーカス・フレーザーとタイのキラデック・アフィバーンラットは、金メダルを獲得したイギリスのジャスティン・ローズと8打差の5位タイに入りました。フレーザー選手は、初日と2日目に首位に立っていました。

しかし、出場したアジアンツアーの選手たちが最も心に刻んだのは、パフォーマンスよりもオリンピックでの経験でした。

バングラデシュのスター、シディクル・ラーマンが母国の旗手を務め、ブラジルのアディルソン・ダ・シルバが第1ラウンドで最初にティーオフし、グリーンはこの機会に触発され、帰国後すぐに腕にオリンピックのタトゥーを入れました。

ゴルフが112年ぶりにオリンピックに復帰したことは記念すべきことであり、COVID-19のプロトコルにもかかわらず、2021年の東京大会ではそれに相応しいものになるだろう。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)