フランスからの女性はサムイ島の病院から解放され、コビッドとしてマークされています。

タイ、サムイ島

フランスから帰国して14日間隔離され、退院後すぐにコヴィド-19の陽性反応が出た女性が、今日、サムイ島の病院から完全に回復して退院しました。

サムイ病院の院長であるVeerasak Lorthongkham氏は、プライバシー保護のため名前は伏せられていますが、この女性(57歳)はCovid-19ウイルスの複数の陰性検査に合格し、元気に過ごしていると述べています。彼女の息子さん、ご主人、親しい人たちも全員ウイルスが陰性で、島内での感染の兆候はありませんでした。

病院の医師によると、この女性はコヴィド-19病の軽い症状しか出ていなかったそうです。

この事件では、大量の検査が行われ、ジムの器具に付着したコビッド19の粒子が感染の原因になったのではないかという懸念から、女性が表明していた州の検疫所が一時的に閉鎖されました。しかし、DDCの専門家は後になってその説を否定した。DDCの専門家は、この女性は検疫でウイルスに感染していたが、非常に稀な状況で起こりうる潜伏期間の大幅な遅延があったと考えている。彼女の低リスクおよび高リスクの接触者を広く検査した結果、彼女が地元で感染したとは考えられません。

女性は島の自宅に戻り、数週間は用心のために自宅検疫を受けることになります。

以下の記事では、前回の状況について詳しく紹介しています。

疾病管理局は、フランスから返された女性からサムイ島のCovid-19のケースの調査に結果を与える

写真サムイ情報 by Nicha

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
3.5 (2 票)