タイへの外国投資を誘致するために、新しい特別ビジネスビザ規則、永住権を付与することを計画している政府

ナショナル–

経済状況管理センター(CESA)は、原則として、外国のビジネス専門家、投資家、幹部、起業家を国に投資するよう誘致するための永住許可とスマートビザの付与に関する改正に同意しました。

政府のスポークスマンAnuchaBurapachaisriは昨日、16月3日、CESAが永住権を持つ外国人に、購入後XNUMX年間、資産の抵当、売却、譲渡を行わずに、マンションの購入と投資を許可することを検討していると発表しました。申請書を提出する前にタイに少なくともXNUMX年間滞在する。

CESAはまた、スマートビザを付与するためのガイドラインとターゲットネットワークを拡大しました。これは、科学技術以外の分野で新興企業を育成したり、雇用を創出したりする人々を対象としています。 また、タイで仕事の契約を結んでいない独立した/フリーランスのビジネス専門家も対象としています。

写真:プラチャチャット

スマートビザの保有者は、場合によってはビザで指定された以外の仕事をすることも許可されますが、ビザを申請している上級幹部の仕事の経験と学歴もよりリラックスするでしょう。ガイドライン。

スポークスマンは、外国の起業家のための改善された修正が、Covid-19によって強化されたビジネス状況の強化に潜在的に適用できるように導入されていると述べました。

彼はマスコミに次のように語っています。タイのコンドミニアム。」

「ガイドラインは、BOIおよび内務省と再度協議され、さらに起こりうる状況を修正および改善します。」

これらは原則として承認されているが、最終決定されていないことを覚えておくことが重要です、とパタヤニュースは述べています。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。

フォローをお願いします Facebook, Twitter, グーグルニュース, Instagram, チクタク, Youtube, Pinterest, パーラー, Flipboard or タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加してください https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または以下のコメントで。

2020 年 2022 月から XNUMX 年 XNUMX 月までパタヤ ニュースのナショナル ニュース ライター。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術に対する彼女の真の関心を形成してきました。