パタヤの象使いがタイ国宝くじで12万バーツを獲得

パタヤ-

パタヤのXNUMX歳の象使いは、今日のタイ国立宝くじでXNUMX万頭を獲得しました。

男性のニポン・サンガムさん(40歳)は、パタヤの象使い(トレーナー)で、もともとはブリラム出身です。 彼は週の初めに873286枚の宝くじを購入し、当選チケットはXNUMXでした。タイの法律に​​従い、彼は本日ノンプルー警察署を訪れ、当選チケットの証拠を記録しました。

彼は関連するタイの報道機関に、ナンバープレートの番号を使用して当選チケットを選択したと述べました。

ニポンは、仕事を楽しんでいるので、象使いとして働き続けると言いますが、そのお金を使って、学校を通して息子に会い、借金を返済します。 彼は、動物関連のアトラクションを訪れる観光客が不足していたため、Covid-19のパンデミックの際に象使いが特に大きな打撃を受けたと述べましたが、彼は引き続き地元で象の世話をし、彼らの健康を確保しました。

写真提供者:Naew Na

送信
ユーザーレビュー
4.33 (3 票)
アダムジャッド
Adam Judd 氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN Media の共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいました。 彼のバックグラウンドは小売販売、人事、および運用管理であり、ニュースとタイについて長年書いてきました。 彼はフルタイムの居住者として XNUMX 年以上パタヤに住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の連絡先ページに記載されています。 ストーリーについては、Editor@ThePattayanews.com まで電子メールでお寄せください。