プーケット空港が本日正式に再開

PHUKET:-。

プーケット国際空港は昨日深夜、タイ民間航空局(CAAT)のチュラ・スクマノップ局長の命令を受けて、昨夜深夜に正式に再開しました。

CAATは、以前から噂されていたよりも数日早く、発表から間もなく正式なオーダーを発表しました。

今回のリニューアルオープンにより、多くの定期便がすぐに到着する可能性は低いと思われます。早期再開の理由の一部は、スタッフが到着のために空港全体を完全に準備し、通常の仕事に戻ることができるようにするために期待されています。

パタヤニュースによると、タイ国民の本国送還便と、医療便や貨物便のような少数の例外を除いて、国際線はCAATによって禁止されているとのことです。この時点での再開は主に国内線となります。さらに、20日間でコビド-19の症例が確認されていないにもかかわらず、今日の時点では、同州は「レッドゾーン」のままであり、タイのシステムに基づいて、28日間で新たに確認された局所的なウイルスの感染が確認されなかった場合には、レッドゾーンのステータスを下げないことになっています。

その結果、一部の県ではプーケットからの到着時に14日間の検疫が必要となっています。プーケットの関係者は、しかし、彼らは島に来る国内の内部旅行者のための検疫を必要としないことを確認したが、それはまだ訪問者と一部の関係者からの混合のフィードバックのために旅行する前にダブルチェックすることをお勧めします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)