サムイ島のジャングルで行方不明のウクライナ人女性とみられる外国人の遺体が発見された。

サムイ島

ボープット警察によると、行方不明の32歳のウクライナ人女性とみられる外国人女性の遺体は、昨日の午後、サムイ島のジャングルでココナッツの葉に覆われたキノコハンターによって発見された。

オルラ・フロロフさんはもともと、5月25日にサムイ島で夫のディマス・フロロフさんから警察に行方不明の届けが出されていた。夫は昨日の午後に事件現場に連行され、ショルダーバッグなど現場で発見された物を確認したところ、遺体が彼女のものであることが確認されたという。

警察によると、彼女の遺体は完全な検死のために地元の病院に運ばれました。

ボープット警察はAP通信に対し、この時点で殺人の可能性があると考えており、遺体は隠そうとしてこの場所に捨てられていたと述べている。

遺体を発見したのは、地元でキノコ狩りをしていたホテルマン。

この女性は数年前からサムイ島に夫と子供と一緒に住んでいましたが、最近になって夫と別れたと言われています。ボープット警察によると、彼女は5月25日午後1時頃にラマイの寺院の近くで目撃されたことが確認されています。

警察は事件の捜査を続け、彼女の家族や親しい関係者に事情聴取を行い、何があったのかを詳しく聞き出しています。

送信
ユーザーレビュー
4 (2 票)