サ・カエオ、2500万バーツのコヴィド-19野戦病院を完成

サ・カオ(NNT)-サ・カオ州行政機関は、最新の設備と医療専門家を備えたCOVID-19症例用の野戦病院2500万バーツを州保健局に納入した。

サカオ州保健当局のスーパチョク・ベチャパンペサジ博士とサカオ州行政機構のソンギョット・ティエントン理事長は、サカオ州行政機構の建物の裏にあるサカオ野戦病院の設備を視察しました。

野戦病院はCOVID-19の患者を治療するために2500万バーツで建設された。病院は医師と患者だけが入れる診察ゾーンと、40床の病床を持つ患者病棟の2つのゾーンに分かれている。

野戦病院では、すでに他の病院で治療を受けているCOVID-19の患者さんのみを受け入れており、治療後14日間の隔離期間をここで過ごしてから自宅に退院することになります。

Sa Kaeoの公衆衛生の長は、40日以上連続してCOVID-19の新しいケースが検出されていないと述べたが、すべての関連機関はまだ厳しく、一貫して発生防止策を実施している。

前述は、タイ国営放送局からのプレスリリースです。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)