サタヒップとチョンブリ当局者が会談し、地域の深刻な水供給問題の解決策を協議

サタヒップ


昨日の朝、サタヒップとチョンブリの関係者は、地元から多くの苦情が寄せられた後、サタヒップの水不足と水圧の低さについて解決策を見つけるための話し合いを行った。

昨日の午前11時頃、チョンブリ市のサティラ・プアクプラパン議員を中心とした地元関係者が、サタヒップの水問題の解決方法について話し合う会議を開催した。

サティラ氏はパタヤ・ニュースに「サタシップ地区はサタシップ、バンチャン、パタヤの水道局からの3つの主要な供給元から水を受け取っている」と語った。

"タイの多くの地域では、サタヒップの住民と同様に干ばつ問題に直面しています。これは、いくつかの地域が水を持っていないことを引き起こし、いくつかの地域が弱い水圧を持っています。さらに、これらの問題は予測できず、延長された期間続くことがあります。”

"乾季明けとなる6月までは、全体的な水量はまだ十分に確保されていることを確認しています。しかし、その間の節水・節水をお願いします。"沙平さんは続けた。

"水の問題を解決するために最善を尽くしています" "水の供給量が多い地域から水を分流させています"と締めくくられました。

パタヤニュースは今週初めに地元の貯水池の悲惨な状況をここで報道しました。

https://thepattayanews.com/2020/04/09/pattaya-water-levels-remain-low-as-chak-nok-reservoir-sits-at-roughly-5-percent-of-capacity/

送信
ユーザーレビュー
3 (1 投票)