チェンマイ、ソンクラン期間中のアルコール販売を禁止し、ウイルスの蔓延と集会の防止に貢献

チェンマイ

他のいくつかの州に続いて、チェンマイは4月10日から4月20日までアルコールの販売を禁止しています。

知事のチャロエンリット・サンガンサット氏は、これは社会的な距離を縮め、コビド19の蔓延と戦うためだと報道陣に語った。

しかし、ソーシャルメディア上では、多くの人々は、本当の理由は、同じ日付の期間に当たるタイの伝統的なソンクラーン祭りの間に飲酒を防ぐためだと感じたと述べています。

ソンクラーンはタイ政府によって公式に延期されましたが、タイ人にとっては毎年4月中旬に行われる最大の祝日です。多くの関係者は、延期にもかかわらず、多くのタイ人が小規模なグループで祝うことを恐れています(日はもはや法定休日ではありません)。

国家のアルコール販売禁止はありませんが、他の州はまた、知事の裁量でこの今後の期間中にアルコール販売を制限したり、禁止することを選択することができます。

命令は、命令に違反し、この期間中にアルコールを販売することを決定する任意の場所のための10万バーツと刑務所で2年までの罰金の厳罰化を求める緊急政令法に該当します。

EU向けFacebookのお知らせ! FBコメントを閲覧・投稿するにはログインが必要です
送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)