バンコクの大気汚染問題は週末まで続く

バンコクとその周辺の地方は依然としてスモッグに覆われており、土曜日の朝には37の大気質モニタリングステーションでPM2.5の粉塵が安全レベルを超えていた。

汚染制御部(PCD)は、グレーターバンコクの空気中の危険な粒子レベルが39と1立方メートルあたり79マイクログラムの間で、朝には1立方メートルあたり50マイクログラムの安全基準を超える37の地域での結果となったと述べた。

土曜日の不健康なスモッグは、金曜日から首都のほとんどの地域で悪化し、レベルは28-55mcg/cmで、細かい粉塵は安全なレベルを超えていた。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)