観光大臣がサムイ島を訪問、事業者にバーツ高を心配するのをやめ、観光を促進するための価値提案に焦点を当てるよう指示

スラトタニ(NNT) - 観光とスポーツの大臣は、より多くの観光客を引き付けるために、サービスの標準をアップグレードするのに役立つようにサムイ島の観光事業者を促した。

観光・スポーツ大臣のフィパット・ラチャキトプラカーン氏は、観光状況のフォローアップと民間企業の起業家代表との面談のため、スラタニ県サムイ島を訪問しました。サムイ島は世界的に有名な観光地で、2018年には世界で最も美しい観光地9位にランクインし、毎年数百万人のタイ人や外国人観光客が訪れている。しかし、観光事業者の代表者たちは、バーツ高が順調に進んでいるため、現在は為替レートに関連した問題を抱えていると主張している。彼らは政府に対し、観光銀行の設立、インフラ問題の解決、観光客の安全性の確保、環境に優しい観光の推進、持続可能な方法での廃棄物の管理、深海港の開発などを求めている。

一方、Phiphat氏は、オペレータが通貨の上昇によって引き起こされたと信じている観光客の支出が減少していることを議論した。彼はタイの強さが通貨の価値ではないことを言ったが、国民の観光地の美、おいしい食糧、サービスおよびツーリストを感動させる親しみやすさは。彼はこれらの強さに焦点を合わせるために民間部門を呼んだ。

フィパット氏は、チャウエンビーチで溺れている観光客を救ったサロージ・チューアイカード氏、プラニット・セナート夫人、アフィワット・コングラート氏、セラワット・ケウノプファクン氏などの善良なサマリア人に敬意を表し、外国人観光客に荷物を返し、タイ観光の良いイメージを維持するのに貢献した善良なサマリア人に盾を授与しました。

ソースはこちら。タイNNT

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)