サムイ島でヨットを盗もうとした酔っぱらい、裸のロシア人を逮捕

コーサムイ - ロシア人が日曜日、サムイ島のリゾート地で酔っ払って裸のままヨットを盗もうとした後、逮捕されたと警察が発表した。

イアニン・レフ・アレクサンドロビッチ(34歳)は、この事件で公序良俗を乱した罪で起訴された。ボフート警察署のトンチャナ・ハンキッティカンジャナ大佐によると、ロシア人の男はヨットの所有者が苦情を申し立てれば、財産を毀損した罪でも起訴される可能性があるという。

警察によると、イアンニンさんは日曜日の夕方、桟橋に車を停め、妻と口論を始めたという。数分間の大声での口論の後、酔っぱらっているように見えたイアンニンさんは、海に向かって歩き、服を脱ぎ捨てて海に飛び込んだと報じられています。

警察によると、彼はその後、桟橋から約50メートル沖に停泊していたヨットに向かって泳いでいったという。

ヨットの上で、イアンニンさんはボートを操舵しようとしたが、エンジンに火をつけることができなかったと警察は述べている。警官がまもなく到着し、漁船を借りてボートにたどり着き、鎮圧される前にもがいたイアンニンを逮捕した。

ボプット警察のトンチャナ署長によると、彼が岸に連れ戻されると、イアンニンの妻が彼の顔を平手打ちしたという。イアンニンはサムイ島の観光警察署に連れて行かれ、そこで彼は酔いが覚め始め、「私はあなたを愛しています、私はボートを愛しています」と宣言したと警察は言った。

夫婦が仲直りしたかどうかはすぐにはわからない。

出典はこちらです。カオソド英語

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)