パタヤで車の車輪に挟まれてXNUMXフィートのニシキヘビが死亡しているのが発見される

パタヤ –
今朝早朝、ノンプルーでニシキヘビが走行中の車の車輪にはまって死んでいるのが発見された。

救助隊員は午前2時30分にソイワットブーンサンパンで事件の通知を受けました。

彼らが現場に到着すると、道路脇にSUVが停まっていた。 ニシキヘビが車のホイールにはまってしまいました。

38歳のSurasitSukwatは、車を運転していると言いました。 彼は道路に木の棒に似たものを見た。

突然、彼は何かが車輪に引っかかっているのを感じました。 彼は車を止めた。 Pythonがハンドルを握っていました。


残念ながら、Pythonは死亡し、削除されました。 それはおよそXNUMXフィートの長さでした。

アダムジャッド
Adam Judd 氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN Media の共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいました。 彼のバックグラウンドは小売販売、人事、および運用管理であり、ニュースとタイについて長年書いてきました。 彼はフルタイムの居住者として XNUMX 年以上パタヤに住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の連絡先ページに記載されています。 ストーリーについては、Editor@ThePattayanews.com まで電子メールでお寄せください。