パタヤ市の住民は、北東部の洪水被害者に合計150,720バーツを寄付します

当局は、市内に設置された募金箱を持ち込み、その金額を数えたところ、タイ北東部の洪水被害者のために合計150,720バーツに上ったことがわかりました。

6月5日、ロナキット・エカシン副市長、パイワン・アロムチュン市長、市当局者が、パタヤ北部の市庁舎前、パタヤ南部のワットチャイモンコル市場近く、ジョムティエンソイXNUMXのサーフキッチン前の寄付ポイントから箱を持ち込みました。 。

住民や観光客はお金とともに、お金、必需品、米、乾物を寄付しました。


すべてが連れて行かれ、ナクルアのSawangboriboon ThammasathanFoundation副会長PrasitThongthitcharoenに提示され、組み立てられ、分類され、北に向けられました。

ソース:デイリーメール

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/