タイ政府は、景気は減速しているが景気後退はなく、景気刺激策が成長を押し上げると述べている

バンコク(ロイター)–タイの経済は減速しているが、まだ不況ではなく、最近発表された政府の刺激策は今年の成長を3%に引き上げるのに役立つはずだと同国の財務相は水曜日に述べた。

 

東南アジアで2.3番目に大きな経済は、第6.4四半期にXNUMX%しか拡大しませんでした。これは、貿易摩擦の高まりと通貨THB = THの高騰の中で、主要な成長ドライバーである輸出が急落したため、ほぼXNUMX年間で最も弱い年間ペースでした。 バーツはアジアで最もパフォーマンスの高い通貨であり、今年のこれまでのところドルに対してXNUMX%上昇しています。

 

政府は先月、国内活動を後押しするために農民と観光業への支援を含む10億ドルの刺激策を発表しました。

 

ウッタマ・サバナヤナ氏は記者団に対し、「タイの経済はまだ成長しているものの、ペースは遅いため、景気後退に陥っていないことを確認できます」と語った。

 

刺激策に加えて、政府は今年度から9月までの目標として、国営企業による投資を3000億バーツ(98億ドル)以上に加速するだろうと彼は言った。 国営企業の投資予算は来年度に少なくとも300%増加すると予想されたと彼は付け加えた。

 

水曜日に、銀行、商取引、産業の合同委員会は、「支援要因」がなく、今年の予測よりも成長率が2.9%から3.3%未満になる可能性がある貿易依存型経済について懸念していると述べた。

 

中央銀行は先週、昨年の3%の成長の後、今年の経済成長は4.1%未満になる可能性があると述べた。

 

ウッタマ氏は、一部のローンは企業向けであり、依然として収入を生み出しているが、他のローンは担保付きであるため、家計の債務水準が高いことを心配していないと述べた。

 

「しかし、私たちは満足していません」と彼は言いました。 「まだ問題ではありませんが、注意深く監視します」。

 

13月末のタイの家計債務は346.04兆バーツ(78.7億53.5万ポンド)近くで、国内総生産(GDP)の2009%に相当し、アジアで最も高く、XNUMX年初頭のXNUMX%から増加しました。

 

高い債務は、経済の半分を占める個人消費の足かせであり、中央銀行にとって懸念事項でした。

出典/写真:ロイター

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/