ナジョムティエンでペットとして飼われているヒョウが地元住民に警告

外国人と彼のタイ人の妻は、パタヤ近くの賃貸住宅でヒョウをペットとして飼っていたとして、主要な野生生物活動家やソーシャルメディアからオンラインで非難されています。 

タイに住む一流の動物活動家は、タイ当局が男性と彼のタイ人の妻がサッタヒープのナジョムティエンにある彼らの家にヒョウを飼うことを許可したことにショックを受けて困惑していると述べた。 

サヌークは、動物保護保護機関である「ワイルドホーク」特殊部隊が、近所の人からの苦情を受けて、今週月曜日の午後にナジョムティエンのXNUMX階建ての家に行ったと報告しました。

彼らは3歳の完全に成長したヒョウを見つけました。 サヌーク氏によると、この家は建物を囲むセメントフェンスがあり、高さXNUMXメートルのネットが上にあります。

ニタヤさんと外国人の夫は、幼い頃から「台風」を上げていたそうです。 

彼女は、夫婦がすべて死亡した3匹のヒョウを合法的に購入したことを示す文書を示しました。 彼らにはXNUMX人の子孫、台風と、病気でチェンマイにいるFahSaiという女性がいました。 

彼らはXNUMX、XNUMX日前にチェンマイからサッタヒップの賃貸住宅に引っ越しました。

昨年XNUMX月にチェンマイで提起された訴訟では、ペットを飼うことができると判断されました。 しかし、ニタヤと彼女の夫はまだスリラチャの動物登録事務所に動物を登録していません。 

彼らは、ヒョウが外に出て隣人を攻撃できないように家を改良するように命じられました。 

ソーシャルメディアは、ペットがその地域に飼われていることについてほとんど否定的です。

出典:サヌーク、タイビザ

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/