パタヤ日本人会は、レイ財団の子供たちを支援しています

24年2019月XNUMX日土曜日の午後、パタヤニュースの公式パートナーであるパタヤ日本協会、SBハート財団、タイの日本大使館、米海軍リーグサイアム評議会、パタヤニュース、パタヤとチョンブリ州警察PJAからの大規模な寄付のためにレイ神父財団を訪問しました。

子供たちは、日本からここに来るために多くの計画を要した非常に寛大な寄付に非常に興奮していました。

このイベントは、SB HeartFoundationの小川清氏とPJAの福留孝介氏が主催して参加しました。 パタヤニュースのアダムジャッドも出席しました。

パタヤニュースは、これを実現するために関係したすべての人に感謝します。 チョンブリ州警察司令官のナンサハルト・スパモンコル将軍とパタヤ警察のフォンファン・ウォンマニーテット氏にもご出席いただきありがとうございます。

以下は、寄付に関する日本大使館からの公式メッセージです。

在タイ王国日本国大使館からの寄付式へのメッセージ
レイ財団神父で。 (編集者注:テキストは大使館からのものであり、編集されていません。)


タイの在タイ王国日本国大使館が寄付式のメッセージを送ります。


大使と大使館がこの寄付式典に直接参加できないのは残念です。


本日、24月XNUMX日、多くの贈り物がレイ神父財団に寄付されます
米国海軍連盟サイアム評議会、NPO、SBハートステーション、およびPJA、パタヤ日本人会。


今日の会員と日本からの私たちの国籍は異なりますが、私たち全員の将来は、子供たちの現在と将来の活動にかかっています。


子供たちは将来のヒーローでありヒロインであり、私たち全員の希望です。
子どもたちは成長し、パタヤやチョンブリ県を含むタイ全土で社会的リーダーとして積極的な役割を果たしています。


その結果、彼らはタイだけでなく、日本やアメリカなどの外国人とも友達として交流しています。


日本大使館もそうだったことを嬉しく思います。
タイ、アメリカ、日本の人々の活動を支援し、
チョンブリとパタヤの子供たちのために。


そして、多くの努力に心からの敬意を表したいと思います。
子供たちを保護し、指導しているレイ財団神父の教師。

24月2019日、XNUMX年

寄付に関する日本大使館からタイへの声明

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/