タイは、インドと中国を含む18か国について、来年XNUMX月までビザ料金の免除を延長します。

バンコク(ロイター)–タイは来年18月まで、XNUMXカ国からの観光客に発行される到着時のビザの料金を免除する措置を延長する。

免除は、農民への債務モラトリアム、中小企業への融資、低所得者へのより多くの資金など、成長を後押しするための10億ドルの刺激策の一部です。

「内閣は2020年XNUMX月までの料金免除の延長を承認した」とプラユット・チャンオチャ首相は記者団に語り、この計画は旧正月とタイの新年、ソンクランをカバーすると付け加えた。

外国人観光客の収入は東南アジアで12番目に大きい経済の約0.89%を占めていますが、7.1月の到着数はわずかXNUMX%増加し、最大の供給源である中国からの訪問者は前年比XNUMX%減少しました。

中国やインドを含む2,000か国からの旅行者は、来年まで65バーツ($ 18)の手数料が免除されます。

しかし、政府のスポークスマン、ナルモン・ピンヨーシンワット氏は、安全上の懸念から、内閣は中国とインドからの訪問者のビザなし入国の提案を拒否したと述べた。

($ 1 = 30.8100バーツ)

出典:ロイター

Adam Judd 氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN Media の共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいました。 彼のバックグラウンドは小売販売、人事、および運用管理であり、ニュースとタイについて長年書いてきました。 彼はフルタイムの居住者として XNUMX 年以上パタヤに住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の連絡先ページに記載されています。 ストーリーについては、Editor@ThePattayanews.com まで電子メールでお寄せください。