パタヤがビーチでチャリティーのためにイルカを走らせる

パタヤがビーチでチャリティーのためにイルカを走らせる

パタヤ–


YWCAバンコク-パタヤセンターのチャリティーランは、8年2019月XNUMX日にジョムティエンビーチで開催されます。

YWCAバンコク-パタヤセンターの社長であるPraichitJaetapai氏は、パタヤニュースに、現在80%の準備ができているイベントを準備していると語った。

イベントのお金は、地域の貧しい人々に寄付され、YWCAの活動を支援します。

実行中の参加者チケットはすべて売り切れました。 ただし、テーマのあるイルカの「バフ」(多機能ヘッドウェア)を購入することで、クイーンシリキット病院に寄付することもできます。

購入できるバフは2,000しかなく、Facebookページの「Lomarun for charity on thebeach2019」で見つけることができます。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/