地元の75歳のタイ人男性は、燃料を使用しない独自の発電機を製造して発明したと言います

タイ-

75年前に退職したタイの元電力局の従業員である12歳のCheunFunkaiは、XNUMX年以上の試行錯誤の末、プロトタイプの発電機を発明したと主張しています。

発電機は、稼働するのに石油、石炭、ガスを必要とせず、完全に自分で設計および製造されました。

発電機はハンドクランク方式を採用しており、持ち運びに便利な小型で約100kg。 彼は設計の詳細を明らかにしませんでしたが、デバイスのコアは心臓によって電力が供給されており、約6分間の手動クランキングの後、最大8〜XNUMX時間安定した電気を生成すると述べています。 彼は、燃料を使わずに発電に成功したプレス用の装置を実演しました。

機械の製造コストは約16,000バーツであり、彼が認めるプロトタイプは美しくなく、洗練される予定であり、完全に自宅で製造されたと彼は言います。

彼は商工省からデバイスの特許を取得しており、デバイスの著作権を所有しており、タイの地方の安価な電力源としてタイ全土で販売および配布を開始する予定です。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/