パタヤでのホラー映画の上映中にイギリス人高齢者が亡くなる

パタヤ-

78月2日火曜日の夜、パタヤの映画館でホラー映画「アナベルカムズホーム」の上映会で、英国人駐在員のバーナードチャニングさん(XNUMX歳)が死亡しているのが発見されました。パタヤニュース。

映画が映画館の別の常連客によって終了した後、死因は明らかにされておらず、男性は死んでいるのが発見されました。

男は一人で映画館に来て、チケットを一枚買ったとスタッフは言った。

彼の遺体は地元の病院に送られ、英国大使館は彼の死を知らされました。

タイのソーシャルメディアの解説は、この話について激怒し、活発であり、多くの解説者は、アナベルの幽霊が男を殺した、または映画がとても怖くて彼を殺したと信じています。 タイは幽霊に関して強力で長年の迷信を持っているため、この記事の特定の映画館に名前を付けていません。

 

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/