米国は2019年の人身売買に関する年次報告書を発表しました。タイは引き続きTier2です。

2019年の完全なレポートはここにあります:  https://www.state.gov/reports/2019-trafficking-in-persons-report/

タイ-

人身売買に関する2019年の米国の報告書が本日発表されました。 このレポートは毎年発行され、自国の人身売買の問題とその対処方法に基づいてXNUMX層の国を評価します。 Tier XNUMXが最上位で、TierXNUMXが最悪です。

私たちパタヤニュースは、報告書を検討する機会があり、人身売買をなくすために多大な努力が払われてきたが、国はまだ進展していないことに同意します。

タイは以前はTier2016の国でしたが、XNUMX年以降はTierXNUMXの国になっています。 レポートのハイライトは次のとおりです。米国政府とstate.govの功績を称えます。

タイ政府は人身売買撲滅の最低基準を完全には満たしていないが、そうするために多大な努力を払っている。 政府は、前の報告期間と比較して全体的に増加する努力を示しました。 したがって、タイはTier2のままでした。

これらの取り組みには、より多くの犠牲者を特定し、有罪判決を受けた人身売買業者と共犯者に重大な刑期を宣告し、市民社会と協力して人身売買防止の訓練と政策を標準化するためのいくつかのマニュアルを作成することが含まれました。

労働監督官は初めて、潜在的な被害者を特定し、学際的なチームに紹介し、その結果、人身売買の被害者を特定しました。 しかし、政府はいくつかの重要な分野で最低基準を満たしていませんでした。 政府は人身売買業者を起訴して有罪判決を下し、人身売買の43件のみを調査した。 政府は、政府の避難所に住む犠牲者の移動とコミュニケーションを制限し、当局の共謀は人身売買防止の取り組みを妨げ続け、当局は人身売買、特に労働者の人身売買の事例を一貫して特定しなかった。

政府は犠牲者を保護するための努力を強化した。 政府は631年に2018人の犠牲者(455年には2017人)を特定し、そのうち401人は社会開発人間安全保障省(MSDHS)が政府の避難所での支援を報告した(360年には2017人)。 MSDHSによって特定され支援されたのは、152人のタイ人と249人の外国人の犠牲者、186人の性的人身売買の犠牲者、66人の労働者の人身売買でした。 残りの149人の犠牲者がどのような形の搾取に直面したのかは不明でした。

2018年、政府は人身売買防止基金から人身売買被害者に6.15万バーツ(190,110ドル)を提供しましたが、5.6年は173,110万バーツ(2017ドル)でした。タイの法律は、被害者が請求。 人身売買刑事手続法により、裁判官は、被害者がこれらの資金を要求しない場合を含め、被害者に補償または賠償を与えることができました。

政府は人身売買を防止するための取り組みを強化した。 首相は、人身売買および違法、報告されていない、規制されていない(IUU)漁業への対処に関する監督政策委員会を通じて、政府の人身売買防止の取り組みを監督した。 首相官邸は、政府の人身売買防止活動を監督するためにXNUMX人の新しい上級顧問職を任命し、政府は、データ収集と首相および内閣への年次報告を通じて、人身売買と戦うための進捗状況を監視し続けた。

新聞、テレビ、ラジオ、ソーシャルメディア、看板、配布物を通じてキャンペーンを実施し、全国の人々の意識を高めました。 MSDHSとMOLは、12の外国語に堪能なオペレーターがいるホットラインを運営していました。 2018年、政府のホットラインは、強制労働を伴う少なくとも161件(18年に172件、2017年に269件)を含む、人身売買の可能性のある事件に関連する2016件の電話を受け、63件(73年に2017件)の起訴に至りました。 政府は84年に74人の言語コーディネーター(2017年に69人)と74人の通訳者(2017年に2018人)を雇用しました。

労働者の人身売買業者は、商業漁業および関連産業、家禽産業、製造業、農業、家事労働、および路上での物乞いで移民労働者を搾取します。 人身売買業者は、多くの場合、債務に基づく強制と高給の雇用の不正な約束を通じて、労働者の人身売買で一部の移民を搾取します。 ブローカーや他の採用担当者は、タイに到着する前に労働者に過剰な料金を課します。

人身売買業者は、タイおよび北米、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、中東の国々で強制労働と性的人身売買をタイ国民に課しています。 タイの少数民族、高地の人々、無国籍者のメンバーは、人身売買を示す虐待の事例を経験しています。 労働者および性的人身売買業者は、タイ、他の東南アジア諸国、スリランカ、ロシア、ウズベキスタン、およびタイの一部のアフリカ諸国からの女性、男性、LGBTIの個人、および子供を搾取します。 人身売買業者は、マレーシア、インドネシア、シンガポール、ロシア、韓国、米国などの国で人身売買や強制労働の対象となる中国、北朝鮮、ベトナム、バングラデシュ、インド、ビルマからの犠牲者の通過国としてタイを使用しています。 、および西ヨーロッパの国々。 タイ、ビルマ、ラオス、カンボジアの子供たちは、売春宿、マッサージパーラー、バー、カラオケラウンジ、ホテル、個人住宅での性的人身売買の被害者です。

腐敗は人身売買防止の取り組みを弱体化させ続けています。 一部の政府関係者は、被害者を搾取する事業主や売春宿からの賄賂や融資を受け入れるなど、人身売買犯罪に直接加担しています。 腐敗した入国管理官は、タイ国境沿いのブローカーや密輸業者から賄賂を受け取ることで人身売買を容易にします。 信頼できる報告によると、一部の腐敗した役人は売春宿、他の商業的なセックス会場、漁船の所有者を襲撃や検査から保護し、人身売買業者と共謀しています。 一部の政府関係者は、賄賂や移民からの恐喝や搾取への直接の関与から利益を得ています。

SOURCEState.gov、米国政府
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/