ウォーキングストリートのATMで「助け」を申し出たラオスのレディーボーイに奪われたフィンランド人観光客

ウォーキングストリート-

地元警察への声明によると、42歳のミッコ・タルボネン氏は、13年2019月1日午前00時頃にウォーキングストリートのATMにいて、英語やタイ語を読む際の言語の壁のために現金を引き出すのに問題がありました。

ラオス出身の32歳のトランスジェンダーのレディーボーイ、ヤオ・ウォンマニー氏がターボネン氏に近づき、助けを申し出た。

Tarvonen氏はその申し出を受け入れ、約17,000バーツを引き出しました。 ウォンマニー氏はそれから彼に近くのビールバーに行き、飲み物を飲んで話をするように説得した。 Tarvonen氏によると、Wongmanee氏は彼に性的サービスを提供しようとしましたが、彼は拒否しました。 警察によると、ウォンマニー氏はその後、ターボネン氏のシャツのポケットから現金を手に取り、逃げ出した。

Tarvonen氏は追跡を試み、観光警察は進行中の事件を発見しました。 彼らはなんとかウォンマニー氏を近くのビールバーに追いかけ、そこで彼は逮捕されました。

彼は当初、そのお金は贈り物であると述べたが、告白したとされている。 ウォンマニー氏は、夜に強盗の罪に問われ、国外追放とブラックリストに載せられることになります。

すべてのお金はTarvonen氏に返還されました。

観光警察当局は、ATMであなたに近づく見知らぬ人を信用せず、常にあなたのお金を適切に確保するように国民に注意を促しました。

これは、レディーボーイまたはレディーボーイのグループがウォーキングストリートエリアで観光客を奪ったXNUMX週間半以内のXNUMX番目の事件です。

地元の警察は、ウォンマニー氏を非常に迅速に逮捕するのに役立った地域でのパトロールを増やしたと述べています。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/