タイ政府によると、ジョムティエンビーチは東部で最も人気のある住宅不動産市場です。

バンコク-

タイ政府住宅銀行は、ジョムティエンビーチが昨日、4年2019月XNUMX日のプレスリリースで東部で最もホットな不動産市場であると述べました。

銀行のWichaiWiratkapanは、プルマンホテルGジョムティエンでの28月78.7日のセミナーで、利用可能な住宅の2018%が714年下半期に合計XNUMX億XNUMX万バーツで販売され、チョンブリ、ラヨン、チャチェンサオの他のすべての地域を上回ったと述べました。

GHBの不動産情報センターは、ノンプルー地区のマブプラチャン湖エリアとして最高のマンション市場を挙げており、利用可能な全戸数の97.3%が合計1.9億バーツで売られています。

住宅市場のジョムティエンビーチの背後にはレムチャバンがあり、ユニットの76.1%が3.7億バーツで売られました。 サッタヒップのウタパオ空港エリアは、ユニットの74.3パーセントが8.8億バーツで販売されました。 ユニットの71.7%が9億ドルで販売されたMabprachan湖。 バンブン地区では、ユニットの68.9%が8.1億バーツで販売されました。

 

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/