より多くの中国人観光客がタイに来る可能性があるため、タイは米中貿易戦争の恩恵を受ける可能性があります

ビジネスタイムズ-

アナリストによると、タイは進行中の米中貿易戦争の恩恵を受ける可能性が高いとのことで、中国本土の観光客は西部旅行を予約する代わりに、自宅に近い旅行を選ぶ。

バンコクポストによると、タイ国政府観光庁(TAT)は、北京が中国人観光客の米国への旅行を阻止するために移動するかどうかを注意深く監視しています。 これが起こった場合、タイの観光部門は動きます。

タイはすでに、昆明、上海、成都、広州、北京のXNUMXつの中国の都市でTAT機関による宣伝活動の恩恵を受けています。 これらの都市のTAT事務所は、中国と米国の両方が後退を拒否するこの重要な時代に、タイの観光スポットをさらに促進することが期待されています。

TAT知事YuthasakSupasornは、言及されたTAT支部によって編集されたデータは、ホワイトハウスとの貿易紛争が中国人旅行者がアジア以外への旅行を計画することを妨げていることを示唆していると述べた。

「これらの要因により、海外旅行や観光支出の意思決定が遅くなる可能性があります」とYuthasak氏は指摘しました。 最終的な目標は、中国からの訪問者を引き付けてタイでの観光イベントに参加させ、観光セクター全体を後押しすることです。

ユタサック氏はさらに、その後の米中貿易戦争の恩恵を受けることができるのはタイだけではないと説明した。 アジアの他の国々も、中国の旅行愛好家のための観光パッケージの構築に取り組んでいる可能性があります。 TAT知事は、競争は厳しいかもしれないと述べた。

他のアジアのライバルとの潜在的な競争にもかかわらず、タイは依然として多くの中国人旅行者にとって実行可能な選択です。 2018年には、約10.5万人がタイを訪れ、業界アナリストは、特に貿易戦争が終結しない場合、今年はさらにその数が増えると予想しています。

先週、TATは、Visaプリペイドツーリストカードの発表のためにモールグループとサイアムコマーシャル銀行(SCB)の間のパートナーシップを可能にすることにより、観光産業の構築にすでに取り組み始めました。

合弁事業の下で、カードの申請書を提出する最初の1,000人の観光客は500バーツ相当のバウチャーを受け取るとTravelDailyMediaは報じた。

バウチャーは、1年31月2019日からXNUMX月XNUMX日まで、モールグループのデパートで購入するために使用できます。 TAT副知事SiripakornCheawsamootは、タイ政府が国内の観光を後押しするための努力において決済部門を支援していると述べた。
業界アナリストは、新しい外国のビザカードが、バンコクの王宮、チェンマイのワットチェディルアン、プーケットのパトンビーチなど、タイで最も人気のある目的地を訪れる中国人観光客を増やすというタイの目標に役立つと信じています。

中国は、日本や韓国との緊張関係にあったときと同じように、居住者の米国への旅行を禁止するかどうかをまだ発表していない。

SOURCEビジネスタイム
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/