パタヤの墓で100,000万バーツの現金が見つかりました

パタヤ:–

Sawang Boriboonのメンバーとボランティアが墓を掃除し、家族がいない人を火葬すると、100,000つの埋葬地から予想外の驚きが浮かび上がりました。XNUMX万バーツの現金です。

98,000年2,000月に60歳で亡くなったプーンコーンの墓で、新品の紙幣2017バーツ、しわくちゃの請求書XNUMXバーツのお金が発見されました。墓は固められていましたが、骨をきれいにし、遺骨を準備するために開かれました。火葬のために。

SawangBoriboonの救助隊長PrasitThongtidcharoenは、このお金は、故人に捧げる功績を上げ、死者の祝福とプーンへの献身のためのその日の詠唱を主催するために使われると語った。

ソース:デイリーメール

SOURCEデイリーメール
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/