ミニバンの運転手が何千バーツのバッグを観光客に返します

日本人観光客がビデオで撮影され、心からの感謝の気持ちを伝えました  バンドライバー、陸運局(DLT)とパタヤ観光警察。

三橋亮ちさん(46)は、ラヨンのバス停から南パタヤまでミニバンを持っていた。

しかし、彼はバッグをバンに残しました–それは4,100バーツ、US 440、56,000円、電話、ノートと他のアイテムを含んでいました。

その時のヒーローは、日曜日にDLTにバッグを渡したドライバーSomchaiBunsiriでした。

日本大使館の助けを借りて、DLTと警官の三橋さんを追跡しました。

ビデオは彼がすべてが整っていることを確認することを示しました–それは最後のバーツまででした。

パタヤ観光警察署長のピヤポン・エンサーン中佐が笑顔で喜んでいる日本人観光客を見て、すべてが順調であることを確認した。

それから彼は壊れた英語で運転手、DLTそして警察に「とても、とてもありがとう」と言いました。

すべては順調です。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/