副市長がジョムティエンビーチから野良犬を連れ去ることを呼びかけ、ソイドッグ財団が公式の回答を提供

以下は、プーケットに本拠を置くソイドッグ財団からのプレスリリースです。先週、市がジョムティエンビーチエリアからすべての野良犬を連れ去り、避難所に入れたいと副市長が発表したためにリリースされました。 これは財団の許可を得て投稿されました。 そこに含まれる見解は彼らのものです:

13年2019月XNUMX日、タイ、プーケット:主要な動物福祉慈善団体であるSoi Dog Foundation(Soi Dog)は、パタヤの副市長であるManote Nongyaiに対し、野良犬を切り上げるために発行した命令を取り消すよう求めました。休日の街のジョムティエンビーチ、そして地元のポンドに犬を投げます。

プーケットを拠点とするソイドッグは、犬を殴打することは、動物を終身刑に処するだけでなく、長期的には効果がないと主張しています。
SoiDogの創設者であるJohnDalleyは本日、次のように述べています。

「私たちはまた、野犬の滅菌とワクチン接種が優れた行動方針であるという副市長にも同意します。そのために、ソイドッグは現在パタヤで月に200匹の雌犬の滅菌に資金を提供しており、現在1500匹以上が滅菌されています。

「しかし、犬を殴るのはうまくいきません。 協調的なラウンドアップの結果、「通りはクリアされ、仕事は完了した」と思われるかもしれませんが、それは誤った認識です。
「特定の地域のすべての犬を切り上げることは不可能です。 捕まえられなかった人々は、ラウンドアップの対象となる地域周辺の通りからの犬と一緒に、ビーチ沿いの空いている通りをすばやく再植民地化します。

「食料源(主にゴミ箱)をめぐる競争がないので、彼らは迅速に繁殖します。 XNUMX年かそこら以内に、ジョムティエンビーチ沿いの野犬の数はラウンドアップ前の状態に戻るでしょう。」

一方、ダリー氏は、自治体は、切り上げられ、ポンドに住み続ける可能性のある数百匹の犬に餌を与え、世話をする必要があると指摘しました。

「市町村には、このための予算が確保されていますか?」 彼は尋ねた。

「それとも、以前によく見たのと同じ状況が見られます。犬のポンドの資金が不足していると、薬や獣医の治療にお金がないために、犬が栄養失調になったり、苦しんで死んだりします。」

Soi Dogは、野犬の数を減らすための唯一の解決策は、避妊去勢手術、ワクチン接種、解放(CNVR)として知られる手順であると長い間主張してきました。これにより、犬は捕獲され、滅菌され、ワクチン接種され、その後、重要なポイントとして、彼らが生まれた地域では、他の犬が自分の領土に移動するのを防ぎ、同時に老齢や他の自然の原因で徐々に死んでいきます。

「プーケットでこれが機能することを示しました」とDalley氏は言いました。 「私たちが始めたとき、約15年前、島には推定80,000匹の野犬がいました。 現在、約7,000があり、それらは健康で、ほとんどの場合友好的です。」

彼はまた、解決策の別の側面を指摘しました。それは、パタヤ市の利益であると同時に、その能力の範囲内にあることです。それは、より良いゴミ管理です。

「当局が犬の数が多すぎるという問題を認識しているという事実は、ゴミが効率的に処理されていないことを私に教えてくれます。 野犬はほぼ完全にゴミで支えられています。 彼らが食べ物を見つけることができない場合、彼らは他の場所に行きます。 ゴミも野犬もいません。 仕事は終わりました。」

 

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/