Go-JekモーターサイクルライドシェアリングサービスがGETタクシーとしてタイで開始

インドネシアのライドヘイリングアプリGo-Jekは、東南アジアへの進出の一環として、水曜日にタイで正式に事業を開始しました。

Go-Jekは、GETというブランド名で、CEOのPinyaNittayakasetwatが率いるタイを拠点とするチームと協力しています。 この動きは、昨年のGo-Jekのベトナムへの進出に似ており、Go-Vietはインドネシア国外での最初のプレゼンスです。

「Go-Jekがインドネシアの人々の生活にどのように影響を与えたかに感銘を受けたので、タイにも同じ影響を与えたいと思っています」と、PinyaはバンコクでのGETの立ち上げ時に報道陣に語った。

彼は、Go-JekがGETの資金調達と技術をサポートし、彼の会社が成長に必要な地元の知識を提供したと述べました。 しかし、彼はGo-JekがGETにどれだけ投資したかについて詳しく説明することを拒否しました。

Go-Jek Nadiem Makarimの創設者兼CEOは、タイへの進出は、両国が同様の特徴を共有しているため、インドネシアのサービスにとって素晴らしい機会であると述べました。

「タイ人は、インドネシアと同じようにオートバイを使って移動します」と彼は言いました。 「私たちも同様の食への情熱を共有しているので、タイは私たちにとって素晴らしい機会だと思います。」

現在、タイの配車サービスアプリは、バイクタクシー、食品配達、インスタント宅配便の2つのサービスを顧客に提供しています。 また、10,000万件の取引を完了し、バンコクの41地区にXNUMX人の運転免許証を持っています。

Pinya氏は、このアプリはGET payと呼ばれる支払いシステムを提供し、「すぐに」キャッシュレス取引を可能にするだろうと付け加えました。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/